TOP » 留学個別相談 » ウインテック留学センター

留学個別相談予約可能会社

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ウインテック留学センター

ウインテック留学センター

1年間という限られた時間を1日もムダにしない!やりたいことが必ず実現するワーキングホリデー

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

「オーダーメイド留学」のウインテック留学センターは創業から20年、語学留学、ワーキングホリデー、ジュニアサマーキャンプ、高校・大学正規留学など、子どもから成人までのあらゆる留学を取り扱う総合留学センターだ。

留学には不安がつきものだが、ウインテック留学センターの留学相談では、海外経験豊富な明るいカウンセラーが一から留学のイロハを教えてくれるから海外に慣れていない人も安心して留学を検討することができる。

実際の留学相談ではまず、「どうして留学したいのか?」「海外へ行くことで何がやりたいのか?」などを徹底的に話し合い、留学をそれにどう役立てるかという計画を立てていく。つまり、「まず目的ありき」ということなのだ。

例えば、「リフレッシュしたい」という社会人には、有休を使って1週間で行けるビーチリゾート留学や、「就活に役立つ留学を」という大学生には休学してアメリカの大学の授業を聴講するプランを提案したり。ひとりひとりに合った留学プランをアドバイスしてくれる。

また、「海外で働く体験をしたい」という人には、ワーキングホリデーの上手な活用法を伝授。例えば、ワーキングホリデーで滞在できる期間は1年という国が多い中、オーストラリアでは最長2年滞在することも可能だ。できるだけ長く現地生活をして、アルバイトをしたいという人におすすめだ。

さらに、語学学校へ行くとワーホリの学生のためにアルバイトの探し方を教えてくれるジョブセミナーを開催していたりもする。そのようにワーホリに優しい学校を紹介してくれるのも長年の経験と実績があるウインテック留学センターだからできる提案だろう。

留学の不安を解消して、有意義な留学を実現するための準備をしっかり行う。それがウインテック留学センターのサポートだ。

カウンセリングが受けられるオフィス
カウンセリングが受けられるオフィス

東京 | 神戸 | 札幌

  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:なし(年末年始のみ休業)

カウンセリング

プロのアドバイス

プロだからこその的確なアドバイスで、本当にやりたいことを叶えるプランを。自分では調べづらい学校のメリット・デメリットなどのレア情報を得られる。

スピーキングテスト

スピーキング力診断

SST®(スタンダード・スピーキング・テスト)で、英語のスピーキング力を診断。出発前と帰国後での英語力の伸びを数値化して比べられます。

スノーボード留学

スポーツに特化したプラン

ダンス、サッカー、テニス、ゴルフなど人気スポーツのトレーニングを本場で受けられるプランも充実。

自分が主役になれるワーキングホリデー「行って良かった」と思える体験を!

渡部真作さん

PROFILE

神戸オフィス
留学カウンセラー
渡部 真作さん

音楽関係の専門学校時代に研修旅行でアメリカへ。そこで海外の魅力に引き込まれる。その後、カナダとオーストラリアの2ヵ国でワーキングホリデーを体験し、ウインテック留学センターに就職。今に至る。自身が経験したワーキングホリデーを中心に、語学留学、専門留学、大学留学などを扱っている頼れるカウンセラー。


私がカウンセリングで一番心がけているのは、明るく話しやすい場を作るということです。
留学というと堅苦しいイメージを持たれる方もいらっしゃいますが、1週間からでも行ける短期留学やホームステイなどもあるので、もう少し気軽にカウンセリングにお越しいただける環境を作りたいと思っています。

カウンセリングでは、お客様のご要望や目的をお聞きし、性格なども考慮しながら、最適な留学プランを提案いたします。
私自身、ワーキングホリデーを2度経験していますので、私の失敗談や海外生活のトリビアなども交えながら、ワーキングホリデーの上手な活用法を伝授しています。

例えば、「海外で生きた英語を勉強したい」という方には、ワーキングホリデーを始める前に観光ビザか学生ビザで語学学校に通うことを提案させていただくことがあります。ワーキングホリデーを利用する方はたいてい最初に数カ月間、語学学校に通って語学力をブラッシュアップします。それならば、その分を前倒しにしておくことで、ワーキングホリデー期間をまるまる、アルバイト、旅行、ラウンドなどに充てられ、この方法ならワーキングホリデーを100%堪能できるというわけです。

もし、「海外で働く体験をしたい」という方には、同じくワーキングホリデーを活用しますが、今度はワーキングホリデー前に専門留学を組み合わせれば、ワーキングホリデー期間をインターンシップのような形で使うことができる可能性があります。もちろん働き先は自分で見つけなければなりませんが、それも現地の職業事情のリサーチだと捉えて、有効的な留学を実現していただけると考えています。

ワーキングホリデーに限らず、留学の目的は人それぞれですので、一人ひとりに合った留学先をアドバイスしておりますので、是非留学にご興味のある方はお気軽にカウンセリングへお越しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved