TOP » あの国特派員レポート » 南国セブ島で英語研修

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

あの国特派員レポート

南国セブ島で英語研修

放課後は仲間とショッピング。物価が安くて、びっくり!

授業が終わると、仲よくなった韓国人留学生のアイリーンといろいろな話をした。
英語で思ったことを伝えるのは難しく、言葉につまってしまうが、それでもなんとか伝えたい、通じ合いたいという気持ちで会話を続けた。
初日と比べ、少しずつセブの生活にも慣れ、コミュニケーションを楽しんでいる自分に、少しだけれど自信が持てるようになった気がする。

学校がショッピングモールの2階にあるので、帰りにスーパーで買い物をするのに便利だ。
セブに来ていちばん驚いたのは、日本に比べて物価がとても安いこと。
街ではペットボトルの水が20円、2時間のマッサージがホテルよりずっと安く400円で受けられる。
タクシーも安いが、街中を走っているジプニーはもっと安い。セブでは、ちょっとリッチな気分になれる。

パラセーリングに初挑戦!週末はマリンリゾートを満喫


マクタン島屈指の高級ホテル、シャングリラのビーチが一望できるオープンレストラン

平日はしっかり勉強するので、週末はリゾート気分を満喫して滞在を思いっきり楽しみたい。
今回私は、初めてのことにたくさん挑戦することができた。

まずはボートで海に出て、パラセーリングにトライ!
パラシュートを体に装着し、体が浮き上がったと思ったら、あっという間に空高く舞い上がる。
雲は近く、ホテルは小さく、遠くの山の輪郭はくっきり見える。
最高に気持ちがよかった。

それから、高級感あふれるリゾート風のスパで、ストーンマッサージを受けた。
光が降り注ぐ個室は、女性なら誰でも喜びそうなかわいらしいアジアンテイストの造り。
心地よい香りに包まれて、全身をほぐしてもらった。

セブではリゾートと都市の2つの顔を同時に楽しめる

ほかには、ゴルフ体験、シューティング体験、ギター工場の見学、歴史的な記念碑や像のある公園へも行くことができた。
また、マクタン島からセブ本島の中心街へも買い物に出る機あった。
マクタン島とセブ本島は大きな橋でつながっているが、橋の向こうは、まるで別世界。
のんびりした景色が広がるマクタン島とは雰囲気ががらりと変わって、セブ本島は交通量も多く都会的。
南国セブは、リゾート地と都市の2つの顔を持っているのだ。
巨大なショッピングモールをはじめショッピングスポットが多く、とても便利だと思った。

この研修で新しいことにチャレンジできて人生観が変わる思いだった。
世の中にはこんなにも多くのことがあって、さまざまな体験ができるものかと改めて感じた。
自分の枠にとらわれず、なんでも挑戦すれば、今まで見えなかった世界が見えてくる。

他国の友だちとの出会いが英語を学ぶ原動力に


フィリピン人はとても人なつっこい。地元の子どもたちが集まってきたので、一緒にぱちり

最終日の夜、大勢の人が私の見送りのために集まってくれた。
アイリーンと抱き合って別れの挨拶を告げると、急に寂しさが込み上げてきた。
あまりに密度の濃い1週間で、体験したことのひとつひとつが大切な思い出になっている。

夢や目標のために英語を勉強するのは大切だが、その原動力となるのは他国の友だちとの出会い、理解したいという気持ちだ。
セブはいろいろな意味で新しい世界を私に見せてくれた。
この出会いに感謝して、これからの人生に活かしたい。

(撮影/Cebu Pot)

1  2

新着記事一覧 過去記事一覧

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved