TOP » あの国特派員レポート » 「南の楽園」でリーズナブルにマンツーマンレッスン

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

あの国特派員レポート

「南の楽園」でリーズナブルにマンツーマンレッスン

プログラム提供:株式会社峰観光社

日本からもほど近いビーチリゾートとして知られるフィリピンのセブ島。今回の読者特派員が通う語学学校はその中心セブシティにあるCPILS(Cebu Pacific International Language School)。
1レッスン100分の授業を1日3つ受講、しかも「1対1」「1対2」「1対4」「1対8」という徹底した少人数クラスでしっかりと勉強できる。希望者には夕方無料のTOEICクラスも!また、夜は友達と街に出かけ、地元の若者たちと交流。週末にはアイランドホッピングやスクーバダイビングなどで、セブの自然を満喫するのが普通というのがここでの生活だ。
今回の特派員である木村真美さん、実は昨年1カ月間カナダに留学の経験があり英語にもちょっと自信をつけたのだとか。ところが初日のレベル分けテストの結果は、総合的な英語理解がレベル4なのに対し、英会話はレベル2!
「本当に英会話は苦手なんです!でもマンツーマンの授業もあるし、今回は徹底的に英会話を練習して、上達するように頑張ります!」と話してくれた。そんな木村さんの1週間の留学生活はいかに?

週末はバッチメイトとアイランドホッピング!


スノーケルは初体験。マスクとスノーケル、そしてライフジャケットをつけていざ海へ!そこは自然の中の水族館でした......

海がこんなに気持ちいいものだなんて知らなくて、こんな広いなんて、深いなんて、きれいだなんて知らなくて......。

週末に訪れたボホール島。そこからボートで約50分の美しい小さな島でスノーケリングに初挑戦。そこはまるで小さな水族館のようで、いろんなお魚にも出合えて大感激でした。泳ぎの苦手な私ですがドロップオフ(浅地が続いて急に崖のように下へ下っていく地形のこと)まで行こうと頑張りました。ドロップオフはとても神秘的。そこに何があるわけでもないのに、吸い込まれそうなくらいずっと見ていました。

盆地で生まれ育った私にとって海は未知の世界。週末には気軽に海へ遊びに来られる、セブでの留学にはこんな魅力もあったんですね!

私の通った学校CPILSは毎週月曜日に新入生が入りますが、同時期に入学した仲間を"バッチメイト(バッチ)"と呼んでいます。同期生という感じで、アクティビティを一緒に計画したりしながら特別な仲間になっていきます!私もバッチのみんなには本当にお世話になりました。

もちろんボホールへのトリップもバッチメイトと一緒。総勢なんと16人の大グループだったけど、川くだりや市内観光も大勢だけに楽しい! 韓国人のバッチも一緒だったので、英会話も必須です。

宿泊したホテルで働いている人たちはフレンドリーだったので、授業のおかげでちょっと自信をつけた英会話でさっそくコミュニケーションをとってみました。学校を離れたところでの時間は特別です。その土地の生活や習慣を知ること...... 留学で学べることは英語だけじゃない。貴重な体験のような気もします。


朝はリゾートホテルの小さなプライベートビーチをお散歩。白砂とおなじ白いカニも発見して大感激!

(撮影/Shoko Fukuda 文/Shoko Fukuda)

とにかく内容の濃い授業で1週間でメキメキ実力アップ

1  2

新着記事一覧 過去記事一覧

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved