TOP » あの国特派員レポート » 政府公認校で学ぶ本格バリエステ

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

あの国特派員レポート

政府公認校で学ぶ本格バリエステ

プログラム提供:(株)エイチ・アイ・エス語学研修デスク

梅津さんが勤務するリラクゼーションサロンには「バリ風マッサージ」というメニューがある。にもかかわらず、一度もバリ島に行ったことがなかったので、お客さんに何かきかれても答えることができなかった。なかにはバリ好きなお客さんもいて、バリ島の楽しさを話してくれるのだが、そういった話にもついていけない。
そんなジレンマから一度はバリ島に行ってみたいと思っていたところ、たまたま見つけた「あの国」特派員募集の記事。「バリ島に行けるうえに、本場のマッサージまで習えるなんて」と、運命的なものを感じて応募したそうだ。

研修先は、アビアン・スパ。エステティックアカデミー


フットマッサージの練習。先生が先に手本を見せてくれる

入校式で先生や研修生と顔合わせ。
みんな優しくて親切なので安心した。
学校に行ってまず驚いたのは、生徒ひとりにつき専属の先生とモデルがつくということ。
滞在中、ずっと同じ先生に教えてもらえるから言葉があまりわからなくても、だんだんとコミュニケーションがとれるようになる。

日本人スタッフの方も通訳として各部屋を回ってくれるので、難しいことも先生にきいてもらえる。
日本では考えられないほどの贅沢な環境に感激した。
みんなに支えられているかと思うと、頑張らなくてはという気持ちがますます強くなった。

先生の手から伝わる力強いエネルギー

受講したのはトラディショナル・マッサージのコース。
初日には楽しみにしていたフルコース体験もあり、担当のアニ先生自らが私にマッサージをしてくれた。
初めてバリの人からマッサージを受けて感じたのは、その力強さ。
先生のエネルギーが直接入ってくるような気がしたほどだ。


空き時間には友だちと交代でマッサージの練習

やはり日本のマッサージとは違う。
いちばん違うのは"手の使い方"だろうか。
肌にグッグッと入り込むような手。
技術以前の問題もあるのかもしれないけれど、できるだけたくさんのことを学んで帰りたいという気持ちから、つい先生の手をじっと見つめてしまった。
マッサージを受けている間も手順を覚えなくてはならないので、一生懸命頭で追っていたのだけれど、あまりの気持ち良さにだんだんと頭がぼうっとしてくるのがわかる。
これが本場のバリ式マッサージの実力なのかも。

(撮影/Tambo Tao 文/Tambo Tao)

文化の違いにとまどいながらも集中して手順を頭に叩き込む

1  2

新着記事一覧 過去記事一覧

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved