人生にはいろいろな選択肢があると気づかされました

人生にはいろいろな選択肢があると気づかされました

お名前:香川裕統さんさん
留学先:BECI



短期間で英語力を伸ばすためフィリピン留学にたどり着く
大阪市立大学経済学部を3年生のときに休学し、フィリピンに来た香川裕統さん。以前から、漠然と海外で働きたいと思っていて、高校も英
語に力を入れている学校に進学。「でも、陸上の部活が忙しく、特に何の準備をしないまま大学3年生になっていました。一気に英語漬けの
環境に入りたいと思い、3年生の冬に、1年間休学して留学することを決意しました」。

フィリピンを選んだのは、大学の陸上部の先輩がフィリピン留学経験者で、マンツーマンレッスンの良さや授業料の安さなどを聞いていたから。「アメリカに留学したいという思いもありましたが、インターネットで情報を調べると、アメリカの語学学校はグループ学習が多く、ある程度英語力がないと、何もしゃべれないまま終わってしまう、フィリピンならマンツーマンで一人ひとりのレベルに合わせた授業をしてくれ、短期間ですごくのびるというコメントが多く、最初の3カ月はフィリピンでみっちり勉強してからアメリカを目指そうと決めました」。

フィリピン留学といえばセブ島が有名だが、香川さんはバギオの学校を選んだ。「バギオは標高1500mの山の中にあり気候がいいこと、
遊ぶところが少なく集中して勉強できることなどを聞き、短期間で英語力をつけたいからバギオにしようと決めました」。

留学先は、中心地から少し離れた高台の高級住宅地にあるBECIという韓国資本の学校。「スピーキングに特化したスパルタ式のプログ
ラムが特徴で、先生の質がいい。建物も新しく勉強するための環境がすべて整っていることが魅力でした。日本人が少ないことも、英語学習
にはいいと思いました」。


スパルタ式が有名なフィリピン留学ですが、香川さんが選択したのはセミスパルタコース。なぜセミスパルタコースにしたのか、学校での生活は?勉強方法は?…、続きはぜひ全国の書店で発売中の「Study in the Philippines vol.2」でご覧ください!
コチラでも購入可能です。



前へ << | >> 次へ


体験談一覧ページへ


↓フィリピン留学に関するお問合せはコチラ

お問合せ
無料個別相談へ Study in Australia Study in Newzealand あの国でこれがやりたい! 高校留学.net