基本情報 / Basic Information

1 フィリピンへの行き方

日本( 成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港)から首都マニラ・セブ島へは各社から直行便が毎日就航しています。マニラには3時間半〜4時間、セブ島には5時間で到着します。

フィリピンへの行き方

2 気候と服装

1年を通して気温・湿度の高い熱帯モンスーン型気候。年平均気温は26〜27℃。雨期(6~11月)と乾期(12~5月)があります。地域差があり、セブでは1年を通して明確な雨期はありません。服装は日本の夏ものでOK。
室内では、冷房が効きすぎているところもあるので、長袖の上着があると安心。ルソン島北部のバギオやバナウエは標高が1,500mあり、朝夕は冷え込むのでセーターやカーディガンの用意が必要。

気候と服装

3 パスポートとビザ(査証)

パスポートは滞在期間中、有効なものが必要。30日間以内の観光滞在ならビザは不要。30日間以上の滞在を希望する場合、59日間有効のツーリスト・ビザを日本で取得することができます(無料)。また、現地での滞在延長手続も可能。15歳未満で、両親が同伴しない場合は、事前の入国許可が必要となります。

パスポートとビザ

4 予防接種

種痘・コレラ共に必要ありません。

予防接種

5 税関

免税の範囲:酒類2本まで、煙草400本(or葉巻50本orパイプ用250g)まで。海外市価の合計がUS$350までの持込品。フィリピン通貨の持込み、持出しは1万ペソまで。外貨の持ち込みの上限は1万US$相当の金額。これを超える場合は税関へ申告すること。

税関

6 空港税

フィリピンでは、空港出発時に空港税が必要です。マニラの場合は国際線国内線とも航空券に含まれていますが、セブの場合は国際線で750ペソを空港で支払わなければなりません(国内線は航空券に含まれています)。その分の現金はすぐに出せるように確保しておきましょう。

空港税

7 電話のかけ方

日本 → フィリピン

例)マニラ(02)-123-456にかける場合

フィリピンへの電話の掛け方

フィリピン → 日本

例)03-1234-5678にかける場合

フィリピンからの電話の掛け方

*国際電話識別番号:001=KDDI、0033=NTTコミュニケーションズ、0041=日本テレコムなど

無料個別相談へ Study in Australia Study in Newzealand あの国でこれがやりたい! 高校留学.net