日本の運転免許証でニュージーランドの運転免許証を取得する方法

ニュージーランドで留学やワーキングホリデーをする方の中には、レンタカーを借りたり、安い中古車を買って国内を旅行するかもしれないと、日本で国際免許を取得してくる人がいます。

実は日本人は日本の運転免許証があればニュージーランドの運転運転免許証を簡単に取得できるんです。そこで今回は日本の運転免許証を使ってニュージーランドの運転免許証を取得する方法を紹介します。

日本の運転免許証でニュージーランドの運転免許証を取得するのは簡単

ニュージーランドでは2009年4月から、日本の運転免許証を持っていればニュージーランドの運転免許証を取る際、筆記試験と実技試験(日本の運転免許証を取得して2年以上経過している必要があります)が免除されるようになりました。

つまり日本の免許証をもっていれば申請して登録費用を払うだけで、ニュージーランドの運転免許証を簡単に入手できるということです。

しかもニュージーランドの運転免許証の有効期限は10年。
滞在中はもちろん帰国した後、再び旅行で訪れたとしても10年以内なら国際免許証が必要ありません。

さらに有効期限内であれば、オーストラリア国内でも国際免許を取得しなくても運転できます。
※ 州によって若干規定が異なりますので、オーストラリアに行く前にチェックするようにしましょう。

ニュージーランドの運転免許を取得する方法

NZで免許を取るには



それではニュージーランドで運転免許証を取得する方法を見ていきましょう。

◆ステップ1:日本の運転免許を英訳する
まずはじめに日本の運転免許を英訳する必要があります。英訳には国が指定した翻訳業者、または日本の大使館、領事館に依頼します。英訳まで数日かかりますので、早めに申請しておきましょう。

国が指定した翻訳業者は「Approved translators | NZTA」で探すことができます。

◆ステップ2:身分証明書を用意する
申請を行うには身分証明書が必要です。その際、パスポートの他にもう1つ身分証明書が必要になりますので、用意しましょう。

2つめの身分証明書として認められるものはいろいろありますが、日本人が入手しやすいものは以下の通りです。
● ニュージーランドの学校の学生証
● ニュージーランドの銀行など公的機関から送られてきた自分宛ての郵便物。(住所と名前の記載が必要)
● IRDナンバー(納税者番号)


これ以外の身分証明書として認められる書類は「Identification | NZTA」をご覧ください。

◆ステップ3:AAのオフィスに行く
各都市にある「AA」と呼ばれる運転免許の取得や車両保険を取り扱うオフィスへ行く。各都市のオフィスは「Where to go for an overseas conversion | NZTA」で検索できます。

◆ステップ4:既定の書類に記入する
既定の書類「Application for conversion of an overseas driver licence」を記入する。PDFでダウンロードすることもできます。

できれば書類は事前にダウンロードして目を通しておきましょう。

申込用紙のMedical declarationに表記されている糖尿病やてんかん、高血圧などの疾患を患っている方は健康診断を行い、運転に問題がないことを証明する書類があわせて必要になります。

◆ステップ5:書類を提出する
記入した書類と事前に用意した身分証明書を持ってAAオフィスの受付に提出します。このとき、視力検査がありますので、運転時にメガネやコンタクトレンズを付けている方は、必ず持参しましょう。

それとこの時、免許用の写真を撮られますのでそれにあわせた身なりをしていきましょう。

◆ステップ6:お会計をする
ニュージーランドの運転免許証を取得する費用は52.10ドルです。(2018年2月現在)最新の情報は「Licence fees | NZTA」をご覧ください。

ニュージーランドの免許証はこんな感じ

申請してからニュージーランドの免許証が送られてくるまで2週間から3週間かかります。そして送られてくるニュージーランドの免許証はこんなものです。

NZの免許証の写真



裏側には有効期限や発行日、備考欄があります。

まとめと次回の予告

ニュージーランドではお酒を買う時やレストランで飲む時など、さまざまなところで身分証明書を求められることがあります。日本人の場合、パスポートを使うことが多いのですがパスポートは失くしたら大変なのであまり持ち歩きたくないですね。

そんなときニュージーランドの運転免許証を取得していればパスポートはスーツケースのなかなどに大切に保存して置くことができます。そういった意味でも運転免許証は何かと重宝するので、長期滞在をする場合は取得しておいて損はありません。

次回はニュージーランドで人気のスポーツをいくつか紹介します。お楽しみに。


 

前へ<< | >> 次へ

 

記事・コラム一覧ページへ

 

無料個別相談へ AIR NEW ZEALAND englishnewzealand ニュージーランド卒業生会 あの国でこれがやりたい!