ラグビー以外もある!?日本ではあまり馴染みがないニュージーランドで人気のスポーツ

ニュージーランドのスポーツと言えばラグビーを思い浮かべる人が多いと思います。実際ニュージーランドに来て、ニュージーランドのラグビー人気の凄さに驚きました。

ラグビーの大きな試合がある日は多くの家庭がテレビにかじりつき。またはスポーツバーと呼ばれるスポーツ観戦をテレビで見ながらお酒を飲めるバーは大賑わいになります。

特に日本でも2019年に開催される4年に1度のラグビーの世界的な祭典「ラグビーワールドカップ」の期間中は街を上げて、国を挙げての熱狂ぶりです。これほど多くの国民が盛り上がれるスポーツは日本だと思いつきません。

では、ニュージーランドでは他のスポーツは人気がないのか?というとそんなことはありません。今回は日本ではあまり馴染みがないけど、ニュージーランドではとても人気があるスポーツを2つ紹介します。

クリケット Cricket

ニュージーランドで人気のクリケット



まずはじめに紹介するのはクリケット(Cricket)です。
クリケットはイギリス発祥のスポーツで、イギリスや南アフリカ、オーストラリアなど英国圏では非常に人気があるスポーツです。実は野球はクリケットから派生して生まれたスポーツ、つまり野球の原型というわけです。

このクリケット。恐ろしいほど試合時間が長いことで知られています。
そのプレイ時間は短くても6−7時間。大きな試合になると20時間も30時間もかかるため、「1日6時間」で試合を切り、翌日に持ち越されるほどです。

馴染みがないスポーツのため試合を見ながらでないとルールは理解しにくいので、ここではルールの説明は省略させてください。興味がある方は検索エンジンで「クリケット ルール」と調べると見つけることができます。





どんなスポーツなのか雰囲気を使っていただくためにYoutubeの動画を1つ紹介します。

クリケットを初めて見ると目を引くのが、ピッチャーが助走をつけてボールを投げることと、そしてそのときピッチャーが肘を曲げない(曲げてはいけない)ことです。見慣れないととても滑稽な動きに見えます。

ネットボール Netball

ニュージーランドで人気のネットボール



ネットボールというのはバスケットボールを女性がプレーしやすいように改良したものです。そのためニュージーランドでも主に女性がプレーするスポーツです。

バスケットボールと違う点をいくつか挙げると

●選手ごとにポジションが決まっていて、動ける範囲が決まっている。シュートできる人(Goal Shooter)は1人だけ。
●ドリブルは禁止。パスとシュートのみ。ボールを受け取ったら動いてはいけない。
●ボールを持つ選手に触れてはいけないし、一定の距離(90センチ)を取らなければいけない





こちらもネットボールの雰囲気を知ってもらうためにYoutubeの動画をご覧ください。

まとめと予告

いかがだったでしょうか。

どちらもスポーツもニュージーランドに限らず英国圏ではとても人気があります。特にクリケットは世界でも競技人口がバスケットボール、野球に続いて多いスポーツなのでニュージーランドを訪れた際はぜひ試合を観戦してみてください。

今回はクリケットとネットボールの細かいルールはお伝えしませんでしたが、どんなゲームか雰囲気だけでも伝われば幸いです。

次回はニュージーランドのイースターについて紹介します。お楽しみに。


 

前へ<< | >> 次へ

 

記事・コラム一覧ページへ

 

無料個別相談へ AIR NEW ZEALAND englishnewzealand ニュージーランド卒業生会 あの国でこれがやりたい!