年間を通じたニュージーランドの日の出と日没の時間

夏のニュージーランドは夕方8時でもまだ外が明るいほど日が長く、冬は5時すぎには暗くなり始めるほど日が短くなります。日本と比べて、季節ごとの日の出や日没の時間が大きく異なります。

今回はニュージーランドの各月の日の出と日没の時間、そして日照時間の平均を紹介します。

各月の日の出と日没、日照時間

オークランド日照時間



ニュージーランドは日本と同じく南北に長い島国です。
そのため、北の街と南の街で日の出と日没の時間が1時間ほど異なることがあります。

そこで今回ここではニュージーランド最大の街オークランドの日の出、日没、そして日照時間を紹介します。また日の出や日没の時刻は日々刻々と変化するため、2018年の各月「15日」の時刻を紹介します。

◇春(9月から11月)

春の日照時間



◇夏(12月から2月)

夏の日照時間



◇秋(3月から5月)

秋の日照時間



◇冬(6月から8月)

冬の日照時間


夏至と冬至の時間も見てみよう

オークランドの日の出



1年で一番日照時間が長い「夏至 summer solstice」と、一番日照時間が短い「冬至」の、日の出と日没、それと日照時間も合わせて見てみましょう。

まず「夏至」は12月22日です。

● 日の出 … 5時57分
● 日没 … 8時40分
● 日照時間 … 14時間41分

続いて「冬至」の日6月21日がこちらです。

● 日の出 … 7時33分
● 日没 … 5時11分
● 日照時間 … 9時間37分

まとめと次回の予告

「ニュージーランドの夏は日が長い」とよく言われますが、日没が8時40分には驚きですね。更に驚きなのが、ニュージーランドの最南端の街インバーカーギルに至っては日没の時間が9時39分です。夜10時でもまだ西の空が明るいというのは不思議なものです。

オークランド以外の都市の日の出や日没の時間を知りたい場合は「Time and Date」というウェブサイトで調べることができますので、興味がある方はそちらをご覧ください。

さて、次回は「ニュージーランドの地ビール(Craft Beer)」を紹介します。ニュージーランドのお酒と言えばワインを連想しがちですが、実は「地ビール(Craft Beer)」もすごく美味しいんです。お楽しみに。




前へ<< | >> 次へ


記事・コラム一覧ページへ


無料個別相談へ AIR NEW ZEALAND englishnewzealand ニュージーランド卒業生会 あの国でこれがやりたい!