ニュージーランドで働く! ビザの種類と特徴について


NZで働くために知っておきたいvisaのこと

ニュージーランド国内最大のジョブイベントJobFestより



ちょっと空いてしまいましたが、ニュージーランドで働く際に関係のある「移民法改正」もありましたので、ニュージーランドで「働けるビザ」についてお知らせします。
まずニュージーランドで働こうと考える場合、「働いても良い」ビザを持っている必要があります。
それはEssential work visa(いわゆる 一般のワークビザ)のことだけを指すのではありません。ニュージーランドでは、「働くために必要なビザ」が何種類かありますので、そちらについて解説していきます。

ワークビザは、まず大きく2つに分けられます。
① Essential work visaのように雇用主や働く企業、場所までビザに記載されているタイプ。
② どこでも働いて良いオープンワークビザというタイプ。
①は他の企業で働くことはできません。(条件変更申請等が認められるケースもあり)しかし②はどこでも働いて良いだけでなく兼業・・・もっと言えば起業も可能です。

それでは、これらのビザについて解説していきます。

Working holiday visa
こちらはご存知のように30歳までに取得できて、ニュージーランドの場合は現在1年間就労が可能になります。

Essential work visa
こちらは雇用主がジョブオファーというものを出して且、現地に他に適任者がいませんでしたと言う事が証明できて初めて取得できるワークビザです。
今回の移民法によって取得条件に年収の最低レベルが設定されました。

Post study work visa (OPEN)
専門学校に1・2年(履修した資格レベルによる)通った後、卒業後に発行されるどこでも働けるオープンワークビザ。

Post study work visa (Employer Assisted)
Post study work visa (OPEN)取得後に雇用主からジョブオファーを受けて申請するワークビザ(更に2~3年の延長が可能)

Japanese interpreters work visa
日本語と英語を使って旅行観光関係(ホテル、ツアーガイド、お土産や等)の仕事に就くものを対象としたワークビザ(最大3年の発行が認められているが延長はない)

その他のオープン・ワークビザ
配偶者等のパートナーに付随した形のワークビザ(今回の移民法改正でEssential work visaのパートナーは年収などの最低レベルが設定されました)

そして最後に忘れてはならないのは学生ビザです。

学生ビザ(条件あり)
学生ビザでも下記条件を満たす場合は週20時間までに就労が認められています。

・カテゴリー1の学校にフルタイム(週20時間以上)で14週間以上学ぶこと
・カテゴリー2にフルタイムで6か月以上学びIELTS5.0以上の証明をすること
・専門学校などのコースに1年以上通う事

という事で、ワーキングホリデーの取得がもうできない方でも学生ビザを取得して勉強しながらパートタイム等の仕事を通して就職活動をするケースが増えてきています。
実は日本でニュージーランドでの就職等を考えている方に

・観光ビザで入国してからジョブオファー取得ができないか?
・日本に居ながらにしてEssential work visa取得の可能性はないか?

と言った質問を受ける事がよくあるのですが、今回の年収の縛りも含め余程稀有なスキルや人手が不足している職業でない限り、直接ワークビザ取得するのは困難です。
(手に職系で人手不足リスト等にある職業にはそのチャンスはまだあるかもしれません)と言うのも、求人サイト等を確認して頂ければ分かりますが通常募集条件には「働けるビザがある事」という記載があるケースがほとんどだからです。

ですので、学生ビザでも最低限の20時間働ける状態にあるという事が重要になってきます。

特に専門学校取得後に出る「Post study work visa」は通常のワークビザと違い、現在はまだ最低年収などの縛りを受けないで、申請可能です。そのため、今後更に人気が出てくると思われます。
次週以降そんな人気の専門学校を経て就職を実現された例を取り上げてみます。



****************************
ニュージーランド・フェイスブックグループ:
https://www.facebook.com/groups/connectjpnz/
ニュージーランドの専門家コラム:
http://connectjpnz.co/



前へ << | >> 次へ
記事・コラム一覧ページへ


無料個別相談へ AIR NEW ZEALAND englishnewzealand 損保ジャパン あの国でこれがやりたい!