ヴェネツィアの非日常的空間に住んでみたかった

ヴェネツィアの非日常的空間に住んでみたかった

お名前:宇利 綾香さん
留学先:Universita Ca’Foscari Venezia



ヴェネツィアへの留学は高校生のときから決めていました。理由は、イタリアの風土が自分に合っていそうだから、ヴェネツィアの非日常的空間に住んでみたかったからです。
今、大学の交換留学制度を利用して、ヴェネツィア国際大学とヴェネツィア大学で、やイタリア近代史などを学んでいます。

ヴェネツィアはあまりにも道が複雑なので、最初の頃は何度も迷いました。
こちらの大学は、日本の授業とは違い、課題の量が多いことに驚きました。課題をこなすのは大変ですが、その分自分に力がついていくのがわかります。
日本にいたときよりも英語でのレポートをたくさん書いたことは、自分でもがんばったと思います。自分の書いたレポートや、発表したプレゼンテーションが評価されたときは嬉しかったですね。授業内で発言することへの積極性も身についたと思います。
授業以外では、現地学生の日本語学生のサポートなどもしました。
将来は、まだ具体的に就きたい職が決まっている訳ではありませんが、海外で働きたいと思っています。

ヴェネツィアという日本とはかけ離れた土地で暮らし、勉強するという体験は私の視野を大いに広げてくれました。

前へ << | >> 次へ


体験談一覧ページへ


↓イタリア留学に関するお問合せはコチラ

お問合せ
無料個別相談へ Nursing スタディNZ スタディAUS スタディPHIL