最終日はミラノ

イタリア出張最終日の今日はミラノで3件訪問。
1件目はファッション専門学校のIstituto SECOLI(セコリ・ファッション専門学校)。
セコリは1930年代創立のファッション専門学校。ファッションの中でもパターンメーキング(衣服の型紙作成すること)に強い専門性をもっている学校。
他のファッション学校ではあまりない、テーラーの専門コースもあるかなり実践型の学校。

2件目もまたファッション・デザインの専門学校IEDへ。
IEDはファッション、デザイン、ビジュアルアート、コミュニケーションの4学科あり、イタリア、スペイン、ブラジルの3か国に11キャンパスある老舗の専門学校。
英語でも受講可能なコースが豊富で、日本人スタッフもいて就職のサポートまで行ってくれるのも魅力だ。

イタリアのミラノにあるデザインの専門学校IED

IEDの学生たちの作品


3件目はミラノ工科大学(Politecnico di Milan)へ。
ミラノ工科大学は公立の工科大学で、建築学、デザイン、エンジニアリングで高い評価を得ている。
修士学やPhDが特に強く、すべてのコースが英語でも提供されているため、イタリア語ができなくても入学できる。留学生向けのイタリア語サポートも用意されていて、年間€100とほぼ無料に近い値段でイタリア語も学ぶことができる。

モードファッションの発信地でもあるミラノには、歴史的建造物や高級ブランドショップが立ち並ぶなかにファッションやデザインに強い学校が数多くある。
実力があれば高級ブランドでのインターンシップや就職の機会もあるので、世界中から集まるファッション・デザインを学びたい留学生を魅了している理由が今回の訪問で理解できた気がした。


Tomorrow 天野智之




前へ << | >> 番外編へ


記事・コラム一覧ページへ



スタッフブログ~石井編~はコチラから

無料個別相談へ Nursing スタディNZ スタディAUS スタディPHIL