イタリアの携帯事情

イタリアでは日本と違って、定額プランなどの契約はしません。SIMフリーのプリペイドSIMカードが一般的です。特に個人契約が一切不要なので、便利です。
 

 

プリペイドSIMをおススメする5つ理由:

 

私がおススメするのは契約(クレジットカード払い)ではなく、プリペイドSIM携帯です。
残高がなくなると簡単にチャージでき(トップアップ)、またすぐ使用できます。
2年未満滞在されない方は契約できないので、プリペイドのSIMの購入をおススメします。
プリペイドタイプにすれば、いつでも携帯会社を変えられます
契約解除の心配もありません。
 

では、イタリアに留学したら、どのようなプランがあるのでしょうか?

イタリアの携帯会社(日本でいうDocomo, Softbank, AU):
 
TIM一番電波状況が良い会社。どのエリアでも電波が入ります。30歳以下のお客様向けのお得なプランもあります。
Vodafone:イタリアでは二番目に電波状況がよい会社。使用状況に応じてのスペシャルプランも用意されています。
Wind価格は安いですが、電波状況が悪く、限られたエリアの会社です。
Tre:限られたエリアでしか使えない会社ですが、速度は一番速いです。
 
別の会社の電波を借りている会社:
 
Fastweb:TIMの電波を借りています。その結果、電波が良いです。いろいろなサイトを調べたところ、カスタマーサービスがあまり充実していないようです。
Kena Mobile:TIM の新しいLow Cost会社です。価格は本当に安いので、携帯をあまり使わない方にはよいかもしれません。
 
※WindとTreは2016年12月に統合され一つの会社に。現在、プリペイドシムのプランはまだ分かれています。
 

 

プリペイドプラン早見表

※100MBから10GBまで)
(※この記事は、2017年12月4日のレート、1ユーロ=133.62円で計算しています。)
 

 
※開始費は別(普通は€5~10(約668~1,336円)+最初のチャージ+配達-オンライン販売のみ)
※SMSとはテキストということです。
 

おススメの携帯会社

携帯会社の中で、30歳以下の方でしたら、TIM YOUNG をおススメします。
 
TIMは店舗数が多いのでどこの町にもあります。そのため何か問題があれば、直接お店に行けて便利です。
SMS(テキスト)は付いていませんが、多くの人がSNSを使用します。
5GBと速いうえ、オンラインで音楽を聴く為さらに5GB追加されています。
オンラインの個人画面(会社のウェブサイトに登録すると、MyPageの画面があって、そこからトップアップ、残高の確認、違うプランの選択ことなどができる)は使いやすいです。
料金はTre, Wind, Fastweb, Kena Mobileよりちょっと少し高くなるのですが、私の経験から、TIMをおススメします
 

イタリアで携帯を使用する流れ:

※プリペイドのSIMならその日に即開通!
 
1. 日本でご自分の携帯のシムロックを解除しておきます。
2. 会社が決まったら、オンラインもしくはお店で、希望のプランを申し込み、プリペイドタイプのSIMカードを購入します。
3. 必要な書類:パスポート+“Codice Fiscale”(日本のマイナンバーと似ている)
イタリアのPermesso di soggiorno (滞在許可証)を申請してから、Agenzia delle entrateという事務局からCodice fiscaleが発行されます(必要ない場合もあります。)
4. SIMカードを携帯に入れて、再起動すると、すぐに使えるようになります。
5. 残高がなくなった場合は簡単にチャージできます。(トップアップ)
チャージ方法:
●オンライン
●携帯会社の店舗
●Sisalロット売り場(普通はバールやたばこを売っているお店など
●スーパー
6. 利用停止したい時はカードを抜くだけ。
 

日本で使っている携帯をイタリアでそのまま使いたい!

 

 
お使いの携帯会社(docomo, au, Softbank)のSIMロックを解除してください 。ただし、機種によっては解除の対象でないものもあるので、その場合は新しく本体を購入することをおススメします!
SIMフリー携帯であれば、イタリアの会社全てに対応する事ができます。
 

SIMフリー端末とは

どの会社のSIMカードでも利用可能で、海外でも自由に使用できる携帯 のこと
 
Docomo, Softbank, au.で購入した端末は以前までは、それぞれの会社のSIMカードのみ利用可能でした。しかし2015年5月以降、Docomo, Sftobank, au.で購入された端末は、他社のSIMカードも利用する事が可能となりました。
 
Androidは基本的にSIMロック解除可能。
IPhone6s以降 であればSIMロック解除可能。
 
Docomo, Softbank, au.のSIMロック解除手続きの手数料
 
●オンライン    無料
●店頭、電話   3000円
 

 

この記事がイタリアに留学する予定がある方に、お役に立つと、嬉しいです!

 

前へ << | >> 次へ

 

記事・コラム一覧ページへ

 

無料個別相談へ Nursing スタディNZ スタディAUS スタディPHIL