有名な「万里の長城」を登りに、北京へ!

{versione italiana sotto}
 
 
昨年11月23日から26日まで、中国の北京に行ってきました!!
旅行が大好きな私は、有名な「万里の長城」に行きたいという夢がありました。そこで、11月にちょうど4日間の休みがあったので、すぐに行くことを決め、中国へ飛んで、ついに夢が叶いました!
 

万里の長城

万里の長城


 

中国へ行くのは初めてでしたが、日本と同じアジアの国なのに、全然違いますね!滞在時間は短かったですが、日本との色々な違いに気付きました。そこで、今回の記事は私のが感じた東京との違いについてです!

北京でびっくりしたもの!

空港の到着ロビーを出るとすぐに、15人ほどのタクシードライバーはが私と友達の周りに集まって、彼らのサービスを一気に説明し始めました。私たちは、ホテルのピックアップサービスを予約していたので、英語で「Sorry, we already had prior arrangements」と答えたのですが、「タクシーが欲しい?」とみんな聞き続けました。しかし日本では、タクシーに乗りたい人はタクシー乗り場まで行き、タクシーが来ることを待たないといけません。または、電話して、予約も可能です。この違いは面白いと思いました!
 
中国人の運転方法はクレイジーです!高速道路でも、狭い道でも、変わらずスピードが速くて、私たちのドライバーは狭い双方向の道路で、前の車を何回も追い越しました。怖いだけではなく、非常に危ない運転だと思いました!一方、日本では、タクシーなどに乗った時に、いつも安全に感じました。危ないと考えた時は1~2回しかありませんでした。
 

北京 交通
 

最初の日、私たちは有名な「天安門広場」や「紫禁城」などを見学しました。天安門広場は世界で7番目に最も広い市民広場です!確かに、その真ん中に立つと、「広いなー」と心底思いました。しかし、驚いたのはそれでだけではありません。本当にびっくりしたのは、軍人の人が多かったということです。それは当たり前かもしれません。そこには「人民大会堂」もあり、実はそこで政府の全国人民代表大会(全人代)と中国人民政治協商会議が行わるので、警備を強化していたのです。でも、そこだけではなく、普通の道でも、軍の制服を着ている人が多いいと思いました。その時、日本では警察官にしか会わないということに気が付いて、やっぱり中国はルールが厳しい国なんだと思いました。
 

天安門広場にある「人民英雄紀念碑」

天安門広場にある「人民英雄紀念碑」


 

中国の物価は非常に安いです!例えば、手袋を忘れたのでCNYお店に行くと、たった¥19(約300)で買えました。料理も安いですよ。レストランでは、1リットルのビールがCNY¥5(約JPY¥86)でした。一番面白いと思ったことは、市場などのお店では値段を駆引きする習慣があります。つまり、店員から値段を言われたら、お客さんは、おまけしてもらうために安い値段を提案します。両方が同意できたら、購入します。そのやりとりは本当に楽しかったです!日本でも、イタリアでも、今まで行った国でも、このような習慣が全然ありません。お店に入ったら、表示されている値段はそのままです。それは、私にとって、新しいチャレンジでした。結果として、お茶が大好きな私は美味しいジャスミンティーを安く買えました!
 

中国料理
 

一番ショッキングだったのは公衆トイレでした。日本ではどこへ行っても、きれいな公衆トイレがあり、女性用のトイレには化粧室や「音姫」と呼ばれている擬音装置などもよくあり、非常に便利です。一方、中国の公衆トイレは全然違いますね。一番困ったことは、自分のプライバシーがないと感じることでした。トイレのドアが閉まらずみんなドアを開けたままトイレを使いました。そんなことに全然慣れていない私はその時に自分のプライバシーが大事だと思って、不安でした。それ以来、公衆トイレを絶対使いませんでした。それほどショックでした。
 

中国人はとても賑やかです。お寺などを訪問した時にも、道を歩いていても、賑やかな雰囲気を感じました。地下鉄に乗った時、うるさい人は一人もいませんでしたが、多くの人はおしゃべりしていました。それに対して、日本の電車では皆は静かだし、携帯ばかり見ている人が多いです。
 

チベット仏教の寺院の「雍和宮」

チベット仏教の寺院の「雍和宮」


 

北京では高級なショッピングモールや近代的な建物をたくさん見ました。それは最も大きい通りにあり、日本の銀座のようでした。しかし、東京と違ったのは、その大通りからちょっと離れると、まだ貧しい所が多そうです。


ここまで北京と東京の違いについて、ご紹介しました。
ここからは、私が一番好きだった場所についてです!
 

一番気に入った所!!

4日間だけでしたが、見たかった所を全部見ました!!
天安門広場」や「紫禁城」に行って、さらに、「景山公園」、「北海公園」、「頤和園」、「天壇」、「万里の長城」などにも行くことができました。
その中でも一番気に入ったのは「頤和園」と「万里の長城」でした。
 

今回はこの二つのスポットに関する情報を紹介したいと思います!
 

「頤和園」
 

「頤和園」
 

頤和園には素敵な楼閣やパビリオンなどがあり、それらは自然に囲まれています。きれいな湖(昆明湖)もあり、散歩が好きな方におススメです!
見どころが多いので、ゆっくりじっくり見学してください。そして忘れずに仏香閣に登り、西湖を渡っているに架かる十七孔橋を渡ってみてください!
 

以下、入場料です。:
(※料金はCNY¥です。)
 

頤和園の入場料と開始時間
 

「万里の長城」
 

「万里の長城」
 

「万里の長城」はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、新・世界七不思議の一つです。
私は一瞬で大好きになりました。そこからの景色は素晴らしいです:地平線には山しか見えません!その風景から、中国の広さと国内の多様性を感じました。
 

私たちが行った所は慕田峪長城という、北京から2時半ぐらいの場所でした。バスや電車などで行くのは難しい場所なので、他の長城より、混んでいないと言われました。私たちはちょっと高かったですが、ホテルを通じて、往復のタクシーを予約しました。おかげで時間のことを気にしないで、「万里の長城」を楽しめました。長城を歩くのは楽しい経験でしたが、最も楽しいのは下りる時のスライダー(Toboggan slide)です。絶対おススメです!
 

料金を見てみましょう:
(※料金はCNY¥です。)
 

万里の長城の入場料と開始時間


皆さん、中国の北京はとても素敵で、魅力的な都市です!機会があれば、是非遊びに行ってみてください!中国へ行ったことがある方で、ご自分の経験をシェアして下さる方!ぜひこのStudy in Italyのサイトへご連絡ください!



TOCCATA E FUGA A PECHINO!!
 
Ciao a tutti!! Lo scorso novembre ho approfittato di un weekend lungo per volare a Pechino e realizzare uno dei miei più grandi sogni: vedere la Grande Muraglia Cinese!!
 
muraglia cinese
 
Non ero mai stata in Cina prima e ammetto che non mi sono mai sentita così persa! A posteriori posso però dire che è stata un’esperienza MERAVIGLIOSA!
 
Cina e Giappone, pur trovandosi entrambi nella regione asiatica, sono due paesi molto diversi tra loro e le loro differenze sono ben percepibili visitando le due capitali.  Anche se il mio soggiorno a Pechino è stato molto breve, ecco in sintesi tutto ciò che mi ha colpito della capitale cinese!!

7 Peculiarità di Pechino

In aeroporto siamo stati circondati da un gruppo di taxisti alla ricerca di clienti!! Abbiamo cercato, invano, di spiegare che ci eravamo già accordati con l’hotel e quindi un autista ci stava già aspettando. Ma nulla, il gruppetto ha continuato a seguirci e a domandarci se stessimo cercando un Taxi. Scenetta molto divertente se paragonata al Giappone, dove, invece, per trovare un taxi bisogna recarsi alla fermata apposita e attendere o, in alternativa, prenotarne uno al telefono.
 
 Stile di guida da pazzi!! Sia che ci si trovi in un autostrada che in una stretta stradina di quartiere, la velocità non cambia!! In diverse occasioni, il nostro taxista ha effettuato sorpassi in zone, per così dire, vietate. Per farla breve, uno stile di guida pericoloso, a differenza invece del Giappone, dove, generalmente, c’è uno stile di guida più attento alle regole.
 
③ Il primo giorno a Pechino, abbiamo approfittato della bella giornata per visitare la famosa  “Piazza Tiananmen” e la “Città Proibita”. Tiananmen è la settima piazza al mondo per ampiezza e, quindi, è naturale che trovandomi in mezzo alla piazza abbia pensato “Quanto è enorme!!” Ciò che mi ha invece stupito è stato il numero di militari in servizio! Cosa scontata magari, se si pensa che proprio a un lato della piazza si trova il palazzo dove si riunisce l’Assemblea nazionale del Popolo, camera legislativa della RPC. Questo senso di elevata militarizzazione l’ho però percepito anche passeggiando per altre zone della città, dove mi è capitato spesso di avvistare uomini in divisa. In Giappone,invece, per strada si incontrano numerosi agenti di polizia ma mai mi è capitato di vedere uomini in divisa militare. Da quì si è confermata la mia convinzione che la Cina sia un paese con regole rigidissime.
 
Tiananmen Square
 
④ I prezzi sono BASSISSIMI! Ho comprato un paio di guanti a soli ¥19 (circa €2), mentre una bottiglia di birra da 1 litro mi è costata soli ¥5 (circa €0.64). La cosa più divertente? Contrattare i prezzi al mercato! I venditori propongono sempre un prezzo molto alto. Da quì bisogna saper giocare, per poter scendere al prezzo che si vuole spendere! Non essendo mai stata in un paese dove è possibile contrattare, è stata per me una bella sfida capire come contattare al meglio, e alla fine sono riuscita ad acquistare del buonissimo Tè al gelsomino ad un prezzo stracciato!
 
⑤ La cosa che mi ha colpito maggiormente è stata utilizzare i bagni pubblici!! Come ben si sa, il Giappone è noto per i suoi bagni pubblici puliti e ben curati, con addirittura uno spazio apposito per sistemarsi il trucco, e un sistema che emette il suono dello sciacquone per circa 25 secondi così da dare maggiore privacy alle donne che utilizzano il bagno. Essendo ormai abituata a questo lusso, trovarmi in un bagno pubblico cinese mi ha lasciata di stucco. Ho infatti percepito una sorta di mancanza di privacy e ho quindi cercato di fare a meno di utilizzarli!
 
⑥ I cinesi mi sono sembrate persone molto allegre e animate! Sia per strada che in treno o nei templi, si sentono persone chiacchierare allegramente! Abituata alla metropolitana di Tokyo, dove tutti sono intenti a fissare silenziosamente il proprio telefono, trovarmi in metro circondata da persone che chiacchieravano, senza però disturbare gli altri, è stata una sensazione piacevole.
 
Chinese ribbon dance park
 
⑦ Pechino, come qualsiasi altra capitale, è piena di centri commerciali e strade con edifici moderni e negozi di lusso. Alcune aree mi hanno in particolar modo ricordato la zona di Ginza a Tokyo. La differenza però è che una volta allontanatami dalle vie principali, mi sono ritrovata in zone ancora estremamente povere!

 

I miei preferiti!!

In soli 4 giorni sono riuscita a vedere tutto ciò che avevo pianificato!
 “Piazza Tiananmen” e la “Citta Proibita“, i parchi Beihai e Jingshan, il Palazzo d’Estate, il Tempio del Cielo e, ovviamente la Muraglia Cinese!
 
Ecco i miei 2 preferiti!!
 
① Palazzo d’Estate: un meraviglioso complesso di giardini con palazzi e padiglioni dove la famiglia imperiale si ritirava durante le afose estati di Pechino. I giardini includono anche un lago artificiale. Non solo la vista è spettacolare ma è anche piacevole passeggiare tranquillamente attorno al lago, godendosi allo stesso tempo i meravigliosi edifici antichi sparsi quà e là! Da non perdere, la Torre dell’Incenso Buddhista e il Ponte dei 17 Archi che attraversa il Lago Kunming!
 
Lago Kunming
 
② La Grande Muraglia Cinese: Patrimonio dell’UNESCO dal 1987 e considerata una delle sette meraviglie del mondo moderno, la Grande Muraglia Cinese è a dir poco spettacolare!! Di fronte al paesaggio mozzafiato al cui orizzonte si possono scorgere soltanto una distesa infinita di monti, non potrete che pensare all’enorme dimensione e varietà culturale del paese. Noi ci siamo recati alla sezione di Mutianyu, a circa 2 ore e mezza da Pechino e difficilmente raggiungibile in autobus o treno. Proprio per questo motivo, quest’area è meno affollata rispetto ad altre zone. La cosa migliore (anche se è una soluzione un po’ costosa) è probabilmente riservare un taxi per la giornata, così da non avere preccupazioni su tempi e modalità di ritorno. Da non perdere, la discesa in slittino (Toboggan in inglese)!!
 
Muraglia Cinese

 

La mia esperienza a Pechino è stata magica! Se volete condividere la vostra esperienza o se avete domande e curiosità, non esitate a contattarci tramite il sito di “Study in Italy”!!

 

前へ << | >> 次へ

 

記事・コラム一覧ページへ

 
 

 

 

無料個別相談へ Nursing スタディNZ スタディAUS スタディPHIL