短期留学をきっかけにオーストラリアの大学を卒業

お名前:星 一輝さん
留学先:Perth Institute of Business and Technology、 Taylor's College、 The University of Western Australia


ホストファミリーの女の子と

ホームステイ先の女の子と。私の英語の先生でもありました。


進路に悩んでいた時に短期留学を経験

高校を中退し通信制の高校に通いながらアルバイトをしていましたが、将来なにをしたいのかあまりイメージできませんでした。高校3年の夏休み、今後の進路について悩んでいたところ母親の助言でオーストラリアのパースに短期留学をしました。2週間という短い期間でしたが、現地の人の優しさ、特に滞在したホームステイ先の家族が温かく受け入れてくれたことが強く印象に残りました。世界観が広がったという感覚で、「日本の外にはこんなところがあるんだな」と感じました。この環境で何かを学びたいと思い、短期留学を終えてすぐに両親に相談し、思いを伝えました。

最初の半年は短期留学の時のステイ先にお世話になっていたので、生活で困ることはありませんでしたが、外食などでは会話にならず、はじめは大変だなと感じていました。

ホストファザーの誕生日

ホームステイ先のお父さんの誕生日にて



留学を通して一番大変だったことは、大学に入学するための基礎教養課程にいたときでした。基礎教養課程では多くの教科(歴史、数学、地理etc)を履修しなくてはならなかったのですが、日本であまり勉強してこなかったので、よくわからないことを、しかも英語で学ぶということに苦しみました。一定の成績を修めないと進学できないプレッシャーもあり、今までにないくらい勉強に時間を費やしました。

大学生活

無事大学に入学してからは、もともと興味のあったアジアの経済や宗教、政治を学べるアジア学と中国語を専攻しました。日本の大学のことは分かりませんが、オーストラリアではクラス内で質問や自分の意見を発表することが重要視され、成績に反映されます。私は結構意見を述べることが好きだったので、オーストラリアの授業スタイルはとても合っていたと感じると同時に、テストだけで成績が決まらないので助かったと思っています。

学校以外では、大学入学時から3年間、ローカルのバーガーレストランでアルバイトしたことは自分でも頑張ったと思いますね。オーストラリア人だけでなくインド人、マレーシア人など国際色豊かな環境でバイトリーダーとしてシフトの作成や新人の教育を任されていました。

バイト先のみんなと

バイト先のスタッフとのディナー


留学を通して得たもの

留学をして嬉しかったのは、世界中に友達ができたことです。留学生が多いのはオーストラリアのいいところ。そこでの友達は、日本に遊びに来た時には私が東京などを案内しています。留学経験で英語が上達したのは当たり前ですが、自身の人間性、社交性に磨きがかかったと感じます。両親、日本の親しい友人からも優しくなったとよく言われます。オーストラリア(特にパース)は自然豊かでゆったりしているのも関係しているのかなと振り返ると思います。

英語上達には、家にいないで外に誰かと一緒にいるのがいいですね。必然的に会話するしかなくなるのでいい勉強になります。意識していたわけではないですが、思い返すとあまり家で勉強はしていませんでしたね。

休日や普段の生活の過ごし方

休日には、近くのビーチに行っていました。パースは海や公園がとてもきれいですが、昼間からパブでビールを飲むのも休日のお決まりでした。

食事については、バイト先のまかないやルームメイト(中華料理屋でバイトしている)に格安でテイクアウトしてもらったものを食べていましたね。自宅にBBQセットがあったので時間があるときは庭でBBQをしていました。

住んでいたのは一軒家で、大学入学の際に仲の良かった中国人、シンガポール人と借り、男3人で生活していました。同居人たちはそれほどきれい好きではなかったので、主に私が家の掃除をしていましたね。

ルームメイトの2人は華僑の人だったので、よく火鍋をしていました。一緒にお酒を飲みながら朝まで語り明かしたりして楽しかったですね。夏休みにはもう一人友人も加わり、マレーシアに旅行にいきました。パースを離れてから会えていないですが、今でも時々電話し次の旅行の計画を立てています。

友だちと旅行に行った時の写真

友人とピナクルズに行った際の道中


これからの人生できっと役に立つ留学経験

卒業後は、留学専用リクルートエージェントを利用して、建設機械メーカーに就職し、海外営業部に所属しています。就職活動では、約5年間の海外生活を通して、国籍、宗教、バックグラウンドが異なっても関係性を築ける人間性を身に付けたことをアピールしていました。留学が就職活動に役立ったかは分かりませんが、これから生きていく中で役立っていくと思います。

今現在、海外と関わる機会はあまり多くないですが、社内で友好な人間関係を築けているのは留学経験があったからだと思います。先月、先々月とアメリカで行われた建設機械の展示会に行きアメリカ人のアクセントを聞き慣れるまで数日かかりましたが、数日で慣れる事ができたのは英語で生活していたからなのかもと思いました。


卒業式

大学の卒業式





前へ << | >> 次へ

体験談一覧ページへ


↓オーストラリア留学に関するお問合せはコチラ

お問合せ
無料個別相談へ Nursing pathway studyabroad tesol