TOP » おもしろコンテンツ »  あの国編集部日記  »  旅行記  »  アジア周遊記 Part3

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

あの国編集部日記

このエントリーをはてなブックマークに追加        

| 2012年9月 4日 written by 天野智之

アジア周遊記 Part3

今日はラオスへGo!

シェムリアップ空港からラオスのビエンチャンまで、またプロペラ機で約2時間の旅。


ラオスエアラインのプロペラ機

さらにビエンチャンからバスに乗り、バンビエンという田舎街まで舗装されていない道路を4時間の長旅!


バンビエンのホテルからの景色


バンビエンの街

ビエンチャンではカヤックとチュービングでの川下りが有名。
ここも欧米人が多く集まり、街にいるほとんどが欧米からの旅行客たちだ。
早速翌日朝から川下りへ!


奥にある洞窟内へこのチューブ(浮き輪)を使って探検!

川下りは1日かけてゆっくりと観光しながら下っていく。
川の流れが急なので、途中カヤックを転覆させながらもラオスの大自然を楽しむことができるオススメのアクティビティーだ。


川下りの途中の景色


川下りの途中にある洞窟内の仏像

翌日はまたバスで4時間の道のりをかけビエンチャンへ。
ラオス仏教の最高寺院であるワット・タートルアンへ。
仏塔の前には1560年に都をルアンバハーンからビエンチャンに移し仏塔を造ったセーターティラート王の銅像がある。


ワット・タートルアン


セーターティラート王の銅像

ワット・タートルアンを観光後にまたタイ・バンコクへ!
Part4に続く

編集部スタッフプロフィール

天野智之

天野智之(あまの・ともゆき)
株式会社トゥモローの代表。15歳で単身ニュージーランドへ渡り、3年間の高校生活を送る。卒業後に渡米し、カリフォルニア州立大学へ留学。 学位取得後に大手メーカー勤務を経て起業。国際教育・留学情報の発信と国際競争力のある人材育成を目指し、日々活動中!2011年東京マラソンに初参戦
このエントリーをはてなブックマークに追加        

新着記事一覧 過去記事一覧

新着記事

バックナンバー

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved