TOP » おもしろコンテンツ »  あの国編集部日記  »  モニター  »  ロゼッタストーン体験記-中国語編1

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

あの国編集部日記

このエントリーをはてなブックマークに追加        

| 2011年2月 4日 written by 豊田美喜

ロゼッタストーン体験記-中国語編1

「あの国でこれがやりたい!」編集部のスタッフが、外国語トレーニングソフト「ロゼッタストーン」に挑戦!
それぞれ興味のある言語を選んで、「オンライン版」を体験し、3ヶ月にわたりレポートします。
なかには一度も学んだことのない言語に挑戦するという無謀なスタッフも。
果たして、どの程度上達することができるのか?随時レポートします!

超初級レベルのまま、さぼり続けた中国語に挑戦!


中国語には「ピンイン」という、日本語のローマ字表記のようなものがあります。
初心者はピンインがないと発音がわからないのですが、ロゼッタストーンの場合、
ピンイン、漢字、その両方の3つから表示を選べるのでとっても便利!

こんにちは!「あの国でこれがやりたい!」編集長の豊田美喜こと、メイシーです。
メイシーとは、美喜(みき)の中国語読み。
自分でもなんだかピンときませんが、このコーナーではこの名前でレポートしようと思います。

さて、英語もろくにできないのに、なぜ中国語?と思われるかもしれませんが、じつはプライベートで習い始め、現在、中国語検定準4級。
お恥ずかしながら、一番下の超初級レベルです。
早く4級に合格したいと思いつつ問題集もやらずにダラダラしていたところ、ロゼッタストーン体験の話が。
こりゃ、やるしかないでしょ。

中国語を始めたきっかけは、たまたま受けた体験レッスンがおもしろかったからというのが理由。
当時、フランス語の動詞の活用に苦しんでいたので、「中国語には活用がない」と説明され、まじで?だったらやってみるー!と飛びついたのでした。

が!簡単に身につく言語などこの世にないのはあたりまえ。
発音はできないわ、漢字は日本語と意味の違うものが山のようにあるわで、やっぱり大変。
そんなこんなで伸び悩んでいた(さぼっていた?)ので、4級合格目指して新たな気持ちでがんばりまーす!

留学やワーキングホリデーの準備に最適!「聞く」、「話す」が思いっきり練習できる

英語をはじめ、31言語が学べる外国語トレーニングソフト「ロゼッタストーン」は、まさに"トレーニング"という言葉がふさわしい学習アイテム。たとえば、音声を聞いてリピートすれば、正しい発音かどうかが即座にチェックされる。写真と単語やフレーズを組み合わせる問題では、直感的に選んでいくなかで自然と言葉が身についていく。なんといっても、日本の語学教育の欠点のひとつに挙げらるアウトプットの少なさを解決できるのが魅力。留学やワーキングホリデーで渡航する前の集中レッスンにオススメしたい、まったく新しい語学教材だ。

ロゼッタストーン
http://www.rosettastone.co.jp/

編集部スタッフプロフィール

豊田美喜

豊田美喜(とよだ・みき)
留学情報誌「あの国でこれがやりたい!」の編集長。海外旅行と、いろんな国の生活や文化に触れられるホームステイが大好き。「あの国でこれがやりたい!」の取材とプライベートを合わせて、9カ国15軒の家庭で短期ホームステイを経験した。20代は旅行のために英会話を習うが上達せず、挫折。気を取り直して30代は仏語に挑戦し、フランスにプチ留学。40代の現在は中国語を習い始め、中国への短期ホームステイを計画中!
このエントリーをはてなブックマークに追加        

新着記事一覧 過去記事一覧

新着記事

バックナンバー

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved