あの国マガジン

世界一周の旅 北米編:カリフォルニア州世界で有名なカリフォルニアワインカントリー・ナパバレー

(あの国編集部)

worldtrip_main  

マウントシャスタを離れて車でサンフランシスコ方面に向かいます。車で約4時間半走って、サンフランシスコに向かう途中にあるナパバレーに立ち寄りです。
ナパバレーはカリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアの北部に位置する街です。サンフランシスコから車で北に1時間ほどの場所にあるのですが、ここは世界的に知られたカリフォルニアワインの産地であり、ナパバレーとソノマバレーが2大ワイン産地として有名です。

 
ナパバレー


フォルニアワインの産地、ナパバレー


ナパバレー

 
ナパバレーは、ハイウェイ29号線とほぼ平行にはしるナパとカリストガを結ぶ約48キロの小道、シルバラードトレイルという道沿いにたくさんのワイナリーが並んでいて、ワインのリゾート地、そして世界一流のワイン産地として知られています。ナパバレーにはなんと約400ものワイナリーがあるそうです。一方、ソノマバレーはくつろいだのどかな雰囲気でロシアンリバーに向かって北に進むとさらにのどかな風景が広がります。そしてソノマバレーには約250ものワイナリーがあるそうです。まさにワインのための土地と言っても過言ではありません。

ナパバレーの楽しみ方はワイナリー巡りとテイスティングです。ほとんどのワイナリーがテイスティングルームを持っており、予約が必要なところと必要でないところとありますが、多くの場合US$15~20くらいでグラス3~5杯のテイスティングができます。そのワイナリーで1本購入するとテイスティングはタダになったりするので要交渉です。また、ワイナリーによってはワイナリー内の見学やツアーを行っているところもあり事前予約が必要になるのでそこは要チェックです。

ではいくつか有名なワイナリーを巡ってみたいと思いますが、まずは日本人にも知られている「ロバート・モンダヴィ・ワイナリー(Robert Mondavi Winery)」。

 
ロバート・モンダヴィ・ワイナリー


ロバート・モンダヴィ・ワイナリー


ロバート・モンダヴィ・ワイナリー


ロバート・モンダヴィ・ワイナリー


  カリフォルニアワインの育ての親と言われているロバート・モンダヴィ氏のワイナリーです。ナパバレーの名を世界に轟かせた第一人者でもあります。ここで造られるワインで有名なのがフュメ・ブラン(Fume Blanc)というワイン。ソーヴィニオン・ブランを改良して造ったもので、当時人気のなかったソーヴィニオン・ブラン種をアメリカに大きく広めるきっかけとなったワインです。

続いて、道を挟んでこのロバート・モンダヴィ・ワイナリーの目の前にあるのが「オーパスワン・ワイナリー(Opus One Winery)」です。
 
オーパスワン・ワイナリー


オーパスワン・ワイナリー


オーパスワン・ワイナリー


オーパスワン・ワイナリー、ティスティング


  最高級のカリフォルニアワインとして日本人に知られているワイナリーです。フランスのボルドー5大シャトーで有名なシャトー・ムートンとカリフォルニアワインの先駆者ロバート・モンダヴィが合作で作った世界的にも有名な高級ワインです。「Opus One」とは音楽用語で“作品番号第一”を意味します。まさに合作第一号という作品そのものです。ワイナリー自体はまるで美術館のように洗礼されていて、中を見学できるツアーは事前予約が必要です。テイスティングも他のワイナリーと違いかなりお高めですが、ここは訪問の価値ありです。

続いて、世界を驚かせた1976年のパリス審判でフランス人審査員を驚かせたベスト赤ワイン「スタッグス・リープ・ワインセラーズ(Stag’s Leap Wine Cellars)」。
 
スタッグス・リープ・ワインセラーズ


シャトー・モンテリーナ・ワイナリー


1976年のパリス審判


  ベスト白ワインとなった「シャトー・モンテリーナ・ワイナリー(Chateau Montelena Winery)」。
 




ナパバレー・ソノマバレー、ワイナリー


  1976年のパリス審判とは、1976年5月24日に開催されたフランスとアメリカの著名ワイン対決で、試飲会の審査員は全員フランス人でワインのプロたち。当初カリフォルニアワインのクオリティなど眼中にありませんでした。ところが、結果はなんと赤、白両方ともカリフォルニアワインの方がフランスワインを上回ったのでびっくり。当時のワインの常識を覆し、カリフォルニアワインを世に知らしめるきっかけとなったそうです。その赤のワイナリーがシルバラードトレイル沿いにある「スタッグス・リープ・ワインセラーズ」、白のワイナリーがカリストガにある「シャトー・モンテリーナ・ワイナリー」なのです。

と言うことで、これ以外にもまだまだ優良なワイナリーが点在しているのがナパバレー・ソノマバレーでそれぞれのワイナリーに歴史とバックグランドがあり、それを知るだけでも非常に興味深く面白いです。また、ワイナリーの建物の造りひとつ見ても、どこの国のオーナーなのか、どんな歴史を持っているのか、その文化が見えたりするのでそれもまたワイナリーを訪れる面白さではないかと思います。


では、次はいよいよサンフランシスコへ向かいます。
     

一括資料請求で簡単に留学手配会社を見つけよう!

資料請求はこちら(無料)

関連サイト: Study in New Zealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved