あの国マガジン

世界一周の旅 北米編:アリゾナ州大自然の大峡谷・グランド・キャニオン

(あの国編集部)

worldtrip_main


セドナを離れて北部にあるグランド・キャニオンに向かいます。約2時間で到着です。ちょうどフラッグスタッフを挟んで南にセドナ、北にグランド・キャニオンがあるので、宿泊先をフラッグスタッフに構えて正解でした。

グランド・キャニオン(Grand Canyon)はアリゾナ州北部にある大峡谷です。海抜2100mに隆起した大地が数百万年という長い時をかけてコロラド川によって浸食され、深さ1800mもの深い深い渓谷を大自然が作り出したそうです。1919年にアメリカはグランド・キャニオンを周辺地域とともに国立公園に指定し、1979年に世界遺産に登録されました。

ちなみにコロラド川による浸食は現在でも続いているらしいです。浸食されている最古の地層は約20億年前のものらしく地球上に生命が誕生したころの地層となるそうです。まさに地球そのものの歴史というところですね。そして、人生観が変わると言われる、言わずと知れたアメリカ最大規模のパワースポットです。

グランド・キャニオンと一言で言っても広大ですので、色々な角度から大峡谷を観ることができるのですが、大きく分けてノース・リム(North Rim)とサウス・リム(South Rim)に分けることができます。多くの方が訪れるのがサウス・リムの方で遊歩道もサウス・リムの方が整備されているそうです。というのも、気候が関係しているらしく、サウス・リムは標高2000mのため一年中開放されているのですが、ノース・リムは標高が2500mになるため冬季は積雪により閉鎖されてしまうみたいです。そのためサウス・リムに宿泊施設が6か所あるのですが、ノース・リムには1か所しかありません。園内を走る無料シャトルバスもサウス・リムにしかありません。よって、サウス・リムの方を巡ってみたいと思います。
まず初めに、マーサポイント(Mather Point)。

マーサポイント1


マーサポイント2


早朝の景色の美しさで知られているビューポイントらしいです。日の出を見るならここがおススメらしく、数あるビューポイントのなかでもサウス・リムの中心的な場所です。遊歩道や柵が整備されているので、安心して景色を楽しめます。グランド・キャニオンは時間を追うごとに刻々と景色が変化していくので、ずっとここに居るだけでも色々な表情を楽しめます。

続いて、ヤバパイポイント(Yavapai Point)。

ヤバパイポイント1


ヤバパイポイント2


ヤバパイポイント3


グランド・キャニオンで最もよく知られたビューポイントで、尽きだした崖の上から谷を見ることができるので、谷底も見下ろせます。正直怖いです。グランド・キャニオンで夕日(サンセット)が綺麗に見れるポイントらしいです。

続いて、グランドビューポイント(Grand View Point)。

グランドビューポイント1


グランドビューポイント2


サウス・リムで最も標高の高いポイントで約2250mあります。絶景を見渡せる場所です。ここも美しい日の出が見れることで有名らしいです。

最後に、デザートビューポイント(Desert View Point)。

デザートビューポイント1


デザートビューポイント2


デザートビューポイント3


サウス・リムの東端にあるビューポイントで、ここには先住民族の見張り塔を再現したウォッチタワーがあります。このウォッチタワー内へは階段を登って上に行くことができます。最上階から見るグランド・キャニオンも最高ですし、途中にあるテラスからも一望することができて違った景色を楽しめます。

と言うことで今回は数か所のみからグランド・キャニオンを見ましたが、それ以外にも多くのビューポイントが存在し、無料シャトルバスで行けるところと車やレンタカーでないと行けないところと様々あります。その場所によって見える景色が大きく違うのと、日の出や日の入りなどの時間帯によって現れる景色が大きく違うので、一回行っただけでは満足できないと思います。また是非来てみたい場所になりました。 ちなみにここに来る際には服装はくれぐれもご注意を!場所によっては柵がまったくないところもあるので、靴はシューズがベストです。落下には本当に注意してください。

では、今度は更に北上してアンテロープキャニオンに向かいます。 その道中でちょうどサンセットが美しい場所があったので、一度車を停めて撮影。

グランドキャニオンサンセット


何とも幻想的!こんな景色が見れる大自然は本当に壮大だなぁっと改めて感動。。。 ではでは、アンテロープキャニオンがあるページを目指します。




前へ<< | >> 次へ

一括資料請求で簡単に留学手配会社を見つけよう!

資料請求はこちら(無料)

関連サイト: Study in New Zealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved