あの国マガジン

世界一周の旅 北米編:カリフォルニア州世界最高気温の死の谷・デスバレー

(あの国編集部)

worldtrip_main


ロサンゼルスから東のネバダ州に向かうのですが、ロサンゼルスの北にあるデスバレー(Death Valley)を横断したいと思います。

デスバレーとは、アメリカ合衆国カリフォルニア州の南東部、シエラネバダ山脈の南東方にあるアマルゴザ山脈とパナミント山脈にはさまれた谷であり国立公園の1つです。デスバレー国立公園は、アメリカで一番広い国立公園で、面積は日本の長野県と同じくらいの大きさらしいです。更に、アメリカで最も低い地帯で、最低部は海面から-82m(マイナス82m)で海面よりも低いということになります。更に更に、高温の乾燥地で1913年に北米最高気温である57℃を記録した場所でもあります。更に更に更に、年間の降水量はわずか50㎜、年によっては0ということもあるらしいです。

ゴールドラッシュの西部開拓時代に、アメリカ大陸を東から西へと向かったフロンティアたちが、太平洋に辿り着けず馬とともに消えていった場所がこのデスバレーで、その理由はここに来るとよくわかります。何にもないこの谷で気温が50℃を超える環境で生き延びることは不可能と言っても過言ではありません。まさに死の谷、それがデスバレーなのです。

さて、行き方ですが、まずここは車でないと間違いなく来れません。一般的には、ネバダ州ラスベガスから西へ約120マイル、片道2時間くらいで来る方が多いみたいですが、今回はロサンゼルスから北に走り、ラスベガスに向かってデスバレーを横切りますので、まずは中継地点であるオランチャ(Olancha)にて宿を取り、そこからデスバレーを横断します。


デスバレー1


デスバレー2


ロサンゼルスから北のオランチャに向かう道中、モハーベ砂漠に立ち並ぶ無数の風力発電用風車が目に飛び込んで来て、その背景にサンセット。なんとも幻想的な景色です。更に目に飛び込んできたのが無数の飛行機。なぜこんなところに飛行機が?と思ってよくよく見てみると、どうやらここはお役目が終わった飛行機の墓場であるモハーべ空港&宇宙港 (Mojave Air & Spaceport)だったみたいです。こんな砂漠にずらっと色々な飛行機が並んでいると何か気味悪いですが、それと同時になにか感慨深い思いが沸きました。

約3時間車で走って、中継地点であるオランチャに到着。着いたのは既に夜8時過ぎ。正直、夜の運転はおススメしません。っと言うのも、砂漠地帯を走行しているので、周りにはライト1つもありません。対向車線から走ってくる車のライトが眩しくて前が見えないのです。下手すると事故にもなりかねないので、日が落ちる前に動いた方が間違いなく良いです。


デスバレー3


デスバレー4


デスバレー5


ちなみにこのオランチャでの宿ですがモーテルというよりはコテージですね。風情があって良かったです。が、周りには何もありません。スーパーマーケットは愚かコンビニエンスストア、ガソリンスタンドですらありません。事前に食料や水分の準備は必要ですね。ですが、さすがに星空は素晴らしかったです。周りに何にもないので、ほんと星が綺麗でした!

さて、翌朝デスバレーに向けて出発です。その前に必ずガソリンを満タンに!できればスペアタイヤの空気圧の確認も。そして、水分の事前準備をすること。と言うのはコテージのスタッフに聞いたのですが、デスバレーは途中に何もないので、ガス欠になったら一発アウトらしいのです。一応、デスバレーの中心地にFurnace Creekという基地みたいなところがあって給油できるのですが、念のためにガソリンは満タンで行くのがベストです。それと、最近の車は非常に性能が高いのでまず問題ないと言われましたが、昔は高温のためにエンストするようなこともあったらしいのです。ラジエーターのメーターは随時見て、もしメーターが上がるようなら坂道の登りはエアコンを切るようにアドバイス頂きました。

デスバレー国立公園1


デスバレー国立公園2


デスバレー国立公園3


デスバレー国立公園4


デスバレーの入口みたいですが、何も見えません。ただの荒野です。何もない荒野に一本の道があるだけ、ほんとそれだけです。

デスバレー国立公園5


デスバレー国立公園6


デスバレー国立公園7


道中にある砂丘ですが、ほんと何もありません。こんな景色日本では見たことないので、不思議な気分です。ちなみにこの時点で正午ですが、気温が華氏110度、つまり摂氏43℃くらいです。この時点でとても暑いです。日本みたいに湿度がないのでカラッとはしてますが、日差しが強くほんと暑い。。。更にどんどん体内の水分が奪われていきます。摂氏50℃を超えたらいったいどうなるんだろう。。。想像できないくらいここは地獄です。

そして、北米最低地点のバッドウォーター。

デスバレー国立公園8


デスバレー国立公園9


デスバレー国立公園10


海面から-82mの地点です。辺りは一面が白い平野なのですが、この白いのは結晶化した塩なんです。もともとはここに塩水湖があって、それが太陽の光で蒸発して干上がってこのような塩の道をつくったみたいです。そして、その向こう側には標高3300mを超える山々が見えます。何とも極端な景色です。

しかしながら、とにかくスケールがデカい!そして、何もない。。。何にもないところなのですが、この何もないところが何か考えさせられるなぁと実感。貴重な経験でした。

では、このままデスバレーを抜けて、ラスベガス方面に向かいます。

テメキュラを離れて車で約1時間走ると、ロサンゼルスです。サンディエゴからだと2時間くらいと結構近いですね。

ロサンゼルスハイウェイ




前へ<< | >> 次へ

一括資料請求で簡単に留学手配会社を見つけよう!

資料請求はこちら(無料)

関連サイト: Study in New Zealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved