あの国マガジン

こういう意味!ワンポイント英語表現

(あの国編集部)

aouyagi_main

英会話の中でネイティブのような言い回しを使えると、かっこいいですよね。
ここでは、日常会話で使えるとちょっとかっこいい、英語の慣用句を紹介します。

ひとつめは、
“free as a bird”

どういう意味か分かりますか?

例えば、こんな風に使います。
I feel free as a bird in the autumn.

「free」と「bird」が入っていると、なんとなく分かりますよね。
“free as a bird”は、自由にのびのびとしている時に使います。

なので上の文は、「秋って自由を感じちゃうなぁ」という意味になります。

My two years old daughter is always happy and free as a bird.
「2歳の娘はいつもハッピーでのびのびしてるんだよ」

ふたつめは、
“cool as a cucumber”

今回のには、「cool」と「cucumber」が入っていますね。
直訳すると「キュウリのように冷えた」となってしまいますが、これは例えば、

Sam was cool as a cucumber when the earthquake occurred unlike me.
「地震が起きたとき僕と違ってサムはとても冷静だったよ。」

という風に使います。

そして3つめの表現はこちら。
“(as) easy as pie”

「パイのように簡単」…どういう意味でしょう。

例えば、
It’s as easy as pie for her.

Eating ice cream everyday is easy as pie for me.

これはそれぞれ、
「こんなの彼にとっては簡単なことだよ。」(朝飯前だよ)
「毎日アイスクリームを食べるなんて楽勝よ。」

という意味になります。つまり、「easy」があるのでお分かりだと思うのですが、「簡単」という意味より「さらに」簡単。つまり「とても簡単」「楽勝」という意味合いになります。
ただ「very easy」と表現するよりも、こなれた感じを出すことができますよね。


今回は3つの慣用句
“free as a bird”
“cool as a cucumber”
“(as) easy as pie”

を紹介してみました。ぜひ覚えて会話の中で使ってみてください。
ぐっとネイティブ感が出ますよ!



青柳さん顔写真青柳清志 / Aoyagi Kiyoshi
ブラジルで生まれ、その後チリ・アルゼンチン・アメリカと色々な国で生活。 英語を学ぶ過程で常にネイティブとの差を感じ、そのギャップを埋める為に1日1フレーズ英語の表現を学ぶ為のブログ(https://www.meandusa.com)を運営。

一括資料請求で簡単に留学手配会社を見つけよう!

資料請求はこちら(無料)

関連サイト: Study in New Zealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved