あの国マガジン

「マネパカード」を渡航先のATMで使ってみた!現地編

(あの国編集部)

manepa

こんにちは!
マネパカードを実際に使ってみた!現地編ということでオーストラリアへ行ったときのATMでの引き落とし方法をご紹介します。
(これは2017年11月26日に両替した時のレートです。)

現地のATMで下ろしてみた

①カードを入れる

card

こちらはオーストラリアの銀行(ANZ)のATM機です。 マネパカードを入れます。

②手数料の確認

tesuuryou

利用する銀行によって、別途手数料がかかります。私の場合は2オーストラリアドルでした。

③PIN(暗証番号)を入れる

pin

暗証番号を入れます。入れたら「Enter」のボタンを押します。

④引き落としする口座を選択

kouza

引き落としたい口座を選択します。「Savings」を選択しました。 ※Cheque=当座預金 Savings=普通預金 Credit=クレジットカード

⑤引き落としたい金額を指定

kinngaku

引き落としたい金額を指定します。画面の決まった金額で引き落とせますし、「Account balance」では自分で金額を指定することもできます。

領収書は忘れずに!

resito
ATMからお金を引き落とした時は、「Print receipt」を押して、領収書(レシート)を発行しておくと安心です。

※日本円からオーストラリアドルへの両替

マネパ手順

最初は、現地のATMでマネパカードが日本円がチャージされた状態でオーストラリアドルを引き出せず、エラーが出てしまいました。
両替しなければいけないことに気づいてウェブで一旦「チャージ」した2万円を「ペイバック」して、オーストラリアドルに両替してから、カードへチャージしました。

※日本円からオーストラリアドルへの両替作業

change 「ペイバック」して、オーストラリアドルに両替する作業としては、ページの下部から両替作業をして、カードへチャージして、やっとATMから無事お金を引き出すことができました。
現地で両替するよりおトクなマネパカードの現地編いかがでしたでしょうか?
みなさんも、マネパカードで海外または留学先でも充実した生活を送って下さいね!

           申し込み・詳細はこちら↓をクリック
お申し込み


※使用画像はマネパカード公式ホームページより






一括資料請求で簡単に留学手配会社を見つけよう!

資料請求はこちら(無料)

関連サイト: Study in New Zealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved