あの国マガジン

北欧フィンランドへ留学 体験談1

(あの国編集部)

自然豊かな北欧フィンランドで、ビジネスの先端を学ぶ

立教大学経営学部国際経営学科 小川蘭那(オガワランナ)
トゥルク大学経済学部
2015年8月~2016年7月 在学留学


fin13
トゥルク大学のメインビル。ここで1年間、先端の経営学を学んだ

さまざまな選択肢の中から、フィンランドを選ぶ
 中学生の頃から、漠然と海外で学びたいと思いはじめ、国際色豊かな高校に進学したことによって、その気持ちが決定的になった小川さん。経済や経営に興味があり、それらを英語で学べる立教大学に進学。今回の留学は、学部内の在学留学制度を利用した。
 「北欧は、福祉政策で先進的、デザインが洗練などのイメージがあり、興味があったんです」
 アメリカやドイツなど、他国の選択肢が多くある中、学びたかったビジネスイノベーション、アントレプレナーシップについて、専攻できることが決め手になり、フィンランドのトゥルク大学に行くことにした。

fin7
首都ヘルシンキから、フィンランド高速鉄道(VR)を利用し、2時間ほどでトゥルクに到着する


 大学があるトゥルクは、フィンランド最古の都市であり、また、3つの大学が集まる学園都市という、ふたつの顔がある。街の中心にアウラ川が流れ、トゥルク城やトゥルク大聖堂があり、景観の美しい街だ。この街にある大学では、ビジネスイノベーション他、IT、教育、デザインが専攻できる。

fin3
街の中心をながれるアウラ川。夏は川辺で季節を楽しみたい。市民の憩いの場になっている


fin2
海岸線の隆起や時代の変化に応じて、増改築されたトゥルク城。外部からの侵入を防ぐため、間取りが
複雑になっている。1280年ごろから建築が始まった。現存するフィンランドの城のなかで、最も古い



英語で学ぶ、最新の経営学「デザイン・シンキング」
 「日本にいたときから、英語で授業が行われていたので、英語力ではそこまで落ちこぼれないと思っていたんですけど・・・」
小川さんが選択した最新の経営学は、マスターの生徒が受講する難度の高いもので、20~30名程度のディスカッションを中心にした授業。毎週課題として出されるリーディングは60ページを超えるもので、専門用語を調べるだけでも大変だったという。
「授業で大変だったのは、先生の質問を理解するのもそうでしたが、大学院生のレベルの高さでしたね」英語はもとより、知識量や経験値が多いマスターの生徒と、ディスカッションする授業は、毎回が挑戦だった。

fin6
授業風景。トゥルクの群島にあるコテージで三日間の集中講義。地元企業との提携授業で、商品をスウェーデンの市場に進出するためのビジネスプランを6人で考えた


「とにかく、自分の視点で考えて、論理立てて記述する力が鍛えられました。他の授業は、講義を中心にしたものにしたり、バランスをとって選択したので、なんとかついていけましたね」それでも、サークルのイベントが重なったうえ、パソコンが壊れてしまったときには途方に暮れてしまったという。
「同じ寮に住む友人とハイキングに行きました。フィンランドでは、どこの森でも自由にベリー狩りができる、自然享受権というものがあるんです。あとは、ドイツに留学している親友に電話をしました。とにかく気分転換です」

fin10
森のベリーときのこを摘むのは「みんなの人権」。トゥルクの群島近く、カーリナにある森で


fin8
フィンランドといえば、トーベ・ヤンソン作「ムーミン」。世界で唯一のテーマパークは、
トゥルクからバスで30分ほどの場所にある。夏季のみ営業。ムーミン好きの人は、訪れたい。
http://www.moominworld.fi


体験談2に続く…

一括資料請求で簡単に留学手配会社を見つけよう!

資料請求はこちら(無料)

関連サイト: Study in New Zealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved