あの国マガジン

7カ国都市別比較!語学学校1週間の授業料はいくら?

(あの国編集部)

語学学校比較見出し
 
留学を考えたときに一番気になるのはやはり費用面ではないでしょうか。
同じ英語を学ぶにも、英語圏の国はいくつかあります。そしてどの都市で学ぶのかでも費用は違ってきます。
では、それぞれ国や都市の特徴とともに、1週間から学べるコースのある語学学校の授業料を比較します。
(2017年5月調べ)
 

アメリカ

アメリカ
 
留学先として人気ナンバー1の国アメリカ。西はカリフォルニア州、東はニューヨーク州に学校が集中しています。
日本人留学生が多いので、あえて日本人の少ない学校を希望する方は事前に問い合わせることをおススメします。
グランドキャニオンをはじめとする国立公園の壮大な自然が点在する一方で、ディズニーランド、ラスベガスなどのエンターテイメントも充実しています。

<ニューヨーク>

学費:$525~650/週
アメリカ最大の都市ニューヨークは名門語学学校がほぼ揃っているため、最高水準の教育を受けることができます。

<サンフランシスコ>

学費:$500~630/週
シリコンバレーにも近く、スタンフォードやUCバークレーなどの名門大学も多いエリア。アメリカで最も人気が高まっています。

<シカゴ>

学費:$500~/週
アメリカ第3の都市ですが、語学学校の数は少なめ。その分日本人率が低いので、英語環境を求める人にはおススメです。

<サンディエゴ>

学費:$430~510/週
治安も安定していて街もアットホームなので、短期の留学でもおススメです。

<ロサンゼルス>

学費:$388~503/週
エンターテイメントの街、ロサンゼルスは比較的費用はリーズナブル。ただ街が大きいので、学校や滞在の立地条件、通学など事前に確認を。

<ボストン>

学費:$500~515/週
ハーバード大学やMITがあるアカデミックな街ボストン。語学学校のバリエーションも豊富です。

<マイアミ>

学費:$260~564/週
フロリダ州の有名なリゾート地のマイアミは年間を通して温暖な気候で、語学学校も大手の学校からアットホームな学校まで幅広いラインナップから選ぶことができます。

<ハワイ>

学費:$370~670/週
リゾート地として有名なハワイは小規模な語学学校が多く、授業料は比較的リーズナブルです。滞在費や物価は少し高めなので、留学スタイルにあった滞在や生活スタイルを選びましょう。

アメリカ留学プログラムはコチラから!

イギリス

England
 
イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズおよび北アイルランドから構成されている連合王国です世界経済をリードする工業国でありつつ、ミュージックシーンやファッション、サッカーなど、あらゆる分野で世界をリードし続けている国の一つです。
本場でブリティッシュ英語を学びたい方や英国文化に興味があり方にはぴったりです!

<ロンドン>

学費:£200~480/週
英語学習といえば本場のイギリスで!という人も多いのでは?
大都市ロンドンは、学校の数も突出して多く、世界中から英語を習得するために集まっています。授業料も立地や学校の規模によって違いますので、自分にあった学校選びが重要です。

<オックスフォード/ケンブリッジ>

学費:£210~375/週
アカデミックなオックスフォード、ケンブリッジは学習環境も抜群です。大手の語学学校でも、比較的アットホームな雰囲気がありますので短期間でも安心です。

<ブライトン>

学費:£305~406/週
リゾート地としても有名なブライトンは、留学先としても人気があります。
ただ、物価は少しお高めです。

イギリス留学プログラムはコチラから!

オーストラリア

オーストラリア  
豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、日本人にも人気の国の一つです。壮大な自然景観やカンガルー、コアラ、カモノハシなどのユニークな動物たちは必見。
日本とは季節は逆ですが、時差がほとんどなく道路も日本と同じ左側通行なので、現地の生活にもすぐに馴染むことができるでしょう。

<ブリスベン>

学費:AUS$525~705/週
内陸の街ブリスベンは閑静な雰囲気で短期留学でも集中して学習することができます。オフの日にはゴールドコーストまで足を運んでマリンスポーツも楽しめます。

<シドニー>

学費:AUS$520~725/週
オーストラリア最大の街、シドニーは留学先としても人気があります。比較的大規模な学校が多く、都会ならではのスピード感のある雰囲気の中で学習することができます。

<メルボルン>

学費:AUS$520~705/週
まるでヨーロッパにいるかのようなお洒落な街並みのメルボルンは、良質な学校も多く、近年留学先として大変人気があります。
大都市にしては比較的授業料・滞在費ともにリーズナブルなのでは。

<パース>

学費:AUS$550~745/週
西オーストラリアのパースはリタイア後の移住先としてロングステイヤーに人気ですが、年代を問わず落ち着いた環境で学習できると好評です。
東南アジアに近く、多国籍な環境も魅力の一つです。

<アデレード>

学費:AUS$535~600/週
オーストラリアの中では物価も安く、街もアットホーム。日本人も少なめなので英語環境の中で学ぶことができます。

<ケアンズ>

学費:AUS$520~640/週
日本から一番近い都市なので、短期間でも効率的に留学スケジュールを組むことができます。比較的料金もリーズナブルです。

<ゴールドコースト>

学費:AUS$625~660/週
リゾート地としても有名で、物価はやや高めです。サーファーズ・パラダイスはサーファーでなくても歩いているだけで気分爽快です。
語学学校も明るい雰囲気の学校が多く、海が好きな人やリゾート好きな人にもおススメ。

オーストラリア留学のプログラムはコチラから!

カナダ

canada  
カナダは国連のランキングで、世界でもっとも住みやすい国のひとつとされています。自然が好きで、アウトドア派にはぴったりの国。
1週間のフルタイムコースでもビザなしで受講できるのがカナダの魅力。

<バンクーバー>

学費:CAN$435~685/週
特に住みやすい都市ランキングでも上位の常連であるバンクーバーは学校やコースの種類も多彩で自分にあったクラスが見つかるはず。

<トロント>

学費:CAN$440~685/週
カナダ随一の大都市トロント、授業料や物価が少し上げりますが、国籍バランスを気にする人や都会派の人にはオススメです。

<カルガリー>

学費:CAN$435~465/週
ロッキー山脈の大自然を感じながら学習できるのがカルガリーの魅力。授業料も比較的リーズナブルで勉強に集中しやすい環境です。

<モントリオール>

学費:CAN$340~460/週
英語もフランス語も学ぶことができ、まるでパリにいるかのようなヨーロピアンな街並みの中で研修を受けることができます。
費用も比較的リーズナブルなのでは。

カナダ留学プログラムはコチラから!

ニュージーランド

newzealand  
オーストラリアの南東に位置し、北島と南島の2つの主要な島と多くの小さな島々からなるニュージーランドは、ほぼ全土が西岸海洋性気候の穏やかな気候に恵まれています。
英語圏の中では比較的費用安い国で、イギリスの影響を受けた教育制度はきわめて質が高くいです。
治安もよいので10代からシニア層まで、幅広い年代にとって人気の留学先です。

<オークランド>

学費:NZ$220~600/週
ニュージーランドで一番人気のオークランド。学校のバリエーションも豊富です。 大都市にしては授業料もリーズナブルなのでおススメ!

<クイーンズタウン>

学費:NZ$600~/週
有名な観光地のため、語学学校の数はあまり多くありません。授業料は高めですが、自然の宝庫で見所の多いクイーンズタウンでは、週末にミルフォードサウンドへのツアーやアクティビティに参加することも可能。

<ウェリントン>

学費:NZ$430~600/週
ニュージーランドの首都で第2の都市。お洒落なカフェなど雰囲気のお店が多いので、ニュージーランドの流行の発信地としてアートなども盛ん。短期でも長期でも飽きない魅力のある街です。

ニュージーランド留学プログラムはコチラから!

イタリア

イタリア  
地中海に突き出したブーツ型のイタリア半島と、その周辺の島々で構成されたイタリア。
フェラーリ、ランボルギーニ、グッチ、ブルガリなど、世界的に有名な多くのファッションブランドを産出してきました。
イタリア語を学ぶだけでなく、伝統技術やイタリア料理などおけいこ留学も人気。歴史ある街並みもとても魅力的です。

<ミラノ>

学費:€120~410/週
ファッションやデザインの町として有名なので、それらを学びたい学生に人気が高いです。名門大学も多く、交通の便がよいので国内だけでなく海外への移動も便利。都会派の方にはおススメ。

<ローマ>

学費:€190~410/週
古い歴史のある町として知られていて、ユネスコの世界遺産に12か所が登録されています。歴史ある建物にはフレスコ画などもあり、歴史や美術史を学びたい学生にはぴったりです。

<フィレンツェ>

学費:€220~410/週
イタリア語発祥の地なので、言語に興味のある学生にはおススメ。町全体でルネッサンスの雰囲気を味わえ、他の町と比べて小さいのでのんびりとした雰囲気で学習できます。

<ボローニャ>

学費:€238~350/週
ヨーロッパ最古ボローニャ大学がある町です。ボローニャ近郊にはフェラーリ、ランボルギーニやマセラッティなどの高級車メーカーの本社があり、高級自動車産業の拠点都市となているのでイタリア車が好きな学生にはぴったりの都市です。

<ヴェネツィア>

学費:€270~290/週
美術の町として有名。美術館、博物館や劇場などが多く、1年を通して文化的、芸術的なイベントが行われます。美術に興味胃がある学生にはおススメ。治安がよくどこにでも歩いて行けるくらいの町なのでのんびりと勉強ができますが、観光地でもあるので物価が高め。

<ナポリ>

学費:€240~/週
ピザ発祥の地として有名で、食に興味のある方にはおススメです。イタリア料理を学びたい学生はレストランでのインターンやアルバイト先を見つけられるチャンスも他の町より多いです。イタリア南部に位置するのできれいな海も魅力で物価も比較的安いです。

イタリア留学プログラムはコチラから!

一括資料請求で簡単に留学手配会社を見つけよう!

資料請求はこちら(無料)

関連サイト: Study in New Zealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved