TOP » 海外生活準備ガイド » 留学前の英語学習方法

行きたい国から探す

>>あの国マガジンホーム<<

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

留学前の英語学習方法

海外生活準備ガイド

留学前の英語学習方法? 留学前は英語の準備で何をすれば良いのか分からず、とても不安になると思います。しかし色々な事に手を出しても、結局は効果が得られない可能性が高いのも事実。今回は留学前から使える学習方法を2つ見てみましょう。
英語学習の王道・音読
留学前にある程度時間が残っている方は、まずは音読学習法を身につけましょう。音読をする事によって、英語の文章や単語を頭の中に入れられるのはもちろんの事、英語独特のリズムや抑揚、発音等も再現できるようになります。
やり方はいたって簡単。まずは英語のスクリプト(日本語訳もあると更に良い)とCD等の音源を用意します。
1.最初にCDを聴き、内容の理解度を確認します。もちろん分からない部分もありますが、それらの意味は推測します。
2.次に内容をしっかりと理解します。これは対訳を使って、文章単位ではなく、意味の塊ごとに見ていきます。
I went shopping(私は買い物に行きました)in Ginza(銀座へ)with my friend(私の友達と)のような具合に行います。
この様にする事によって、特に長い文章などは戻り訳(行ったり来たりしながら訳す事)をしなくて済み、瞬発力向上につながります。
3.内容を理解したら、後はひたすら声に出す音読をします。
CDを聴き、しっかりと音を確認します。その後、スクリプトを大きな声で読みます。この時に、読みにくい個所には印をつけると良いでしょう。
そしてまたCDを聴き、リズムや抑揚、印の個所を確認し、再度音読をします。
これを毎日1回は、留学前から留学中と継続する事によって、英語に必要な“読む”、“聞く”、“話す”の3技能をしっかりと伸ばす事が出来ます。
留学直前のイメージトレーニング
留学まであまり時間が無い場合には、とにかく必要な表現を覚える事が重要です。空港での入管審査、ホストファミリーへのあいさつ、お店やレストランでの表現等、必ず経験する場面に必要な表現を繰り返し練習し、自分がしっかりと話せているイメージを持ちます。
表現集には市販の教材(CDつき)を準備していただき、必要だと思う場面の表現を、CDを聴いて練習します。これは上記の音読と共通しています。覚えにくい表現に関しては、ただ読むのではなく、声に出しながら書き出す事が効果的です。声に出し、少し早めに5回ほど書くと覚えるでしょう。
表現を覚えたら、最後に自分がその場面にいると想像し、実際に声に出して練習をします。繰り返しする事によって、緊張が和らいでいきます。
海外で語学を習得するには、目標を設定する事が必要です。そしてその目標を達成している自分を常に想像します。また、今から恥をかきに行くんだ!と思い、沢山話し、間違え、直されるとあなたの英語は急激に伸びます。
きっと成功する!この気持ちと日々の努力があれば、間違いなく英語を習得して帰国出来るでしょう。

留学前の本気の英語学習


一括資料請求へ
Copyright 2013 © Tomorrow Inc. All Rights Reserved