TOP » 海外生活準備ガイド » 海外で使える携帯電話

行きたい国から探す

>>あの国マガジンホーム<<

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

海外で使える携帯電話

海外生活準備ガイド

海外で使う携帯電話 日本の家族や友だちとの連絡、また現地での連絡に便利なので、携帯電話を持つ留学生は増えています。
最近では、日本の携帯電話をそのまま海外でも使えるサービスが増えてきました。また、出発前に日本から海外の携帯電話をレンタルや購入できるサービスもあります。長期滞在の場合、現地に着いてからプリペイド式携帯電話を購入するのもいいでしょう。

以下にタイプ別にメリット、デメリットをまとめたので参考にしてください。ただ、サービス提供会社や行き先の国によって料金や条件はさまざま。しっかり調べて自分に最適な方法を探してみましょう。

短期留学向け 短・中期留学向け 長期留学向け 中・長期留学向け 長期留学向け
日本で使っているものを電話番号はそのままで持って行く(国際ローミング) 日本で海外対応の
携帯電話をレンタル
日本で海外用の
携帯電話を購入
海外で借りる 海外で購入
(プリペイド式)
日本での
申し込みの
不可

※加入している機種による
× ×
メリット ・日本で使っている電話番号をそのまま海外で使用できます。
・事前に登録する必要がありません。(各電話会社により異なる)
・日本からかける人は、国内携帯電話料金で海外へかけられます。
・出発前に電話番号がわかります。
・現地到着後、すぐに現地携帯電話が利用できます。
・初期費用が割安です。
・月額の基本料金がかかりません。
・携帯電話の番号を半永久的に保存できるので、海外へ行く度に、同じ電話番号を使用することができます。
・購入価格は1,980円?とお得。
・成田空港での申し込み・返却も可能。
・日本で携帯電話をレンタルするより維持費や通話料金が安い。 ・滞在先の国内電話が割安になります。
・事前に通話料を支払うプリペイド式なので、使いすぎ防止になります。
・月々の基本料金がかかりません。
デメリット
/注意点
・海外で電話を受けた場合、着信料金がかかります。
・滞在先の国内電話料金が高くなります。
・現地からかける人は、日本への国際電話料金がかかります。
・1日ごとにレンタル料金や基本料金がかかります。
・通話料金が現地と比べて割高になります。
・帰国後、返却する必要があります。
・選ぶ機種によっては日本で使用できない可能性あり ・現地で携帯電話レンタル会社を見つけるのが難しい。
・出発前に電話番号がわからない。
・日本への国際電話料金が割高です。
・説明書や案内はすべて英語(各国の言語)になります。
・携帯電話機種を購入する必要があります。
・日本への国際電話料金が割高になります。
・多額の初期費用や保証金がかかる場合があります。
・説明書や案内はすべて英語(各国の言語)になります。
携帯電話
会社リスト
NTT Docomo
SoftBank
au
Global Mobile
Mobell
Mobell

一括資料請求はこちら

レンタル携帯のお申し込みはこちら


一括資料請求へ
Copyright 2013 © Tomorrow Inc. All Rights Reserved