TOP » パックンマックン × 日本文化 » 神社で使う英語に挑戦!

注目のキーワード:
児童英語教師
ビジネス
看護
日本語教師
格安

行きたい国から探す

>>あの国マガジンホーム<<

パックンマックン × 日本文化

Let's talk about Japan!! (パックンマックンと一緒に日本の文化を英語で紹介!)

神社で使う英語に挑戦!/th>

神社で使う英語に挑戦!

外国人が選ぶ<人気観光スポット>のトップ3に入るという神社。 宗教的な意味合いだけでなく、おみくじや絵馬など、日本独特の文化に触れられる場所であることも、人気の理由のひとつだ。 参拝の仕方やその所作の意味など、英語できちんと説明できれば、日本を理解してもらうきっかけにもなりそう。 パックンマックンと一緒に、いざ、神田明神に出発ッ!
パックンマックン:アメリカ人パックンと、日本人マックンのお笑いコンビ、パックンマックン。英語や、アメリカと日本文化の相違をおもしろく取り入れたネタで人気。テレビ、雑誌、ライブを中心に幅広く活躍している。
所属事務所:株式会社ハブ・マーシー
We went to the Shrine!

「おみくじは、何が出てくるかわからないから、自分で選ぶときの動詞pickやtakeではなくdrawを使うのが正しいよ」(パックン)
「おみくじは、何が出てくるかわからないから、自分で選ぶときの動詞pickやtakeではなくdrawを使うのが正しいよ」(パックン)

参拝の前に、まずはふたりでお清めから。「なぜ手を洗うのか、ちゃんと英語で説明したいよね」(マックン)
参拝の前に、まずはふたりでお清めから。「なぜ手を洗うのか、ちゃんと英語で説明したいよね」(マックン)

外国人観光客も多数訪れる神田明神。8の字にくぐることで、罪や汚れが祓われるという「茅の輪」の前で神妙な面持ち
外国人観光客も多数訪れる神田明神。8の字にくぐることで、罪や汚れが祓われるという「茅の輪」の前で神妙な面持ち

さあ、いよいよ神社に到着。ふたりは英語でどんなふうに説明してくれるでしょうか?

パックン(以下:パ)「神社といえば、まずはチョコバナナでしょ?」
マックン(以下:マ)「それは、お祭りのときだろ。他に思いつくのは?」
「じゃあ、おみくじ!」
「確かに、おみくじは外国人が喜びそうだなあ。おみくじを引くって、英語でなんて言ったらいい?」
「“Draw your fortune”かな。運を招くとか引くってことだけど、これは、なかなか学校では習わないフレーズかもね」
「なるほど。じゃあ、神社に来て最初にするお清めは“Wash your hands”でいい?」
「それじゃあ、ふつうに手を洗うのと一緒になっちゃうよ」
「じゃあ、キレイにするっていう意味で Cleanはどう?」
「ただキレイにするんじゃなくて、ちゃんと、その理由を説明してあげたほうがいいよ。『身を清める』という意味を伝えるなら、pure(純粋な)という派生語がぴったり。“We wash our hands to purify ourselves before worshiping at the shrine”。ちなみに『清める』と言う場合ablutionsという単語を使ってもいいね。“Before entering the shrine, you perform ritual ablutions(神社に入る前には、手を清める)”。こんなふうに英語で説明できたら、かなりカッコイイ!」
「次は、お賽銭箱の前で祈る、だよね。えっと、お金をあげることだから“Money……”う~ん、わかんない!」
「お金はMoney、あげるはGiveでしょ」
「そうか。じゃあ“After the ablutions, give money(お清めの後、お金をあげる)”」
「う~ん……。なんか変じゃない? お賽銭て、普通にお金をあげることとは違うから“Give an small offering(お金を奉納する)”のほうがいい。ポイントはsmall。これを忘れると、大金を納めないといけないのかって心配になるからね」
「うんうん。じゃあ、次は礼をする」
「礼をするは“bow”」
「2回するから“Bow twice”だね」
「そう。手を叩くことは“Clap your hands”。 鐘を鳴らすっていうのは?」
「Ring the bell」
「そのとおり! そして、合掌してお祈りをすることは、“Put your hands together and pray and bow again before you leave(両手を合わせて祈り最後にもう一度、礼をする)”。賽銭箱にお金を投げるのは、“Throw change in the offering box”だね」
「なるほどッ! これなら、外国人にも説明できるぞ」
「最初に“This is how we worship(私たちのお参りの仕方はこうです)”と前置きをすれば、さらに、伝わりやすいよ」


取材協力/神田明神
東京都千代田区外神田2-16-2
TEL03-3254-0753
http://www.kandamyoujin.or.jp/



一括資料請求はこちら

一括資料請求へ
Copyright 2013 © Tomorrow Inc. All Rights Reserved