留学TOP » 留学エージェントコンテンツ一覧 » 留学手配会社潜入レポート! » Mission1「語学留学」について調査せよ!

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

留学手配会社潜入レポート! あの国調査員が行く!

Mission1「語学留学」について調査せよ!

  • STW留学倶楽部 東京渋谷支店へ潜入!
  • スピーディーな対応で気になる留学費用もスッキリ
    スピーディーな対応で気になる留学費用もスッキリ

    「お金がない、語学力もない。それでもイギリスに語学留学したい!」そんなワガママをかなえるべくアクセスしたのは「エス・ティー・ワールド留学倶楽部」。ここは国内外に多数の拠点を持つ大手旅行会社が運営する留学手配会社。

    ウェブサイトから資料請求すると、4日後に資料が届いた。資料には語学学校の料金だけでなく生活費も含めた滞在費用の目安など、一番気になる留学費用がわかりやすく載っている。現地情報やおすすめ語学学校の案内にも胸が躍る。資料にあったメールアドレス宛てにカウンセリング希望のメールを送ると、翌日にはさっそく返事がきた。営業日の中から第三希望までお知らせ下さいとのこと。予定を確認して再びメールを送信。スムーズなやりとりでカウンセリング日程が決まった。

    カウンセリング場所のオフィスでは、大きなジンベイザメの写真がお出迎え。ダイビング旅行なども企画している同社ならではのインテリアだけれど、来る場所を間違えたかと思った……。

  • 語学学校を選ぶときの注意点を教えて
  • 学校を選ぶときに「日本人学生率」の表示には注意が必要です。表示は大抵、学校全体の日本人率なので、1クラスごとのものではありません。レベルチェックの結果、日本人は下から2、3番目ぐらいのクラスに入ることが多いので、学校全体では15%でもクラス単位ではもっと多い場合があります。そして上のクラスにいくほど日本人は少なくなります。

    また、授業料の安い学校は、先生がネイティブではない、パソコンなどの設備が少ない、カフェテリアや図書室などがない場合があります。反対に授業料が高い学校は、英語教育経験の豊富な資格を持った先生がいたり、校内の施設も近代的で充実していたりすることが多いですね。ただ、安い学校だから高い学校よりも授業の質が低いのかというと、決してそんなことはありません。

  • キャリアにつなげるにはどういう学校がおすすめ?
  • 英語がちゃんと身につくところ、しっかりと勉強できるところを考えるといいと思います。イギリスの語学学校の場合、授業は週15時間のところが基本なのですが、週20時間、週25時間コースを設置していて、もっと長く学べる学校もあります。そのぶん料金も上がりますが、英語をしっかり勉強するにはおすすめですね。また、語学力に応じてビジネスやデザイン、アートなどの専門コースに入れる学校を考えてみてもいいと思います。

  • どんなふうに提携先の学校を選んでいるの?
  • お客さまの目的に合わせて、授業料、学校の設備、立地、コースなどさまざまなタイプの学校をご紹介できるようにしています。どの学校も共通して、スタッフがきちんと学生のケアをしてくれるかどうかを一番重視しています。

  • 留学手配会社にお願いするメリットは?
  • 当社では4週間以内のプログラムで¥25,000、5週間以上一律¥30,000の「手続き送金費」を申し受けています。エージェントを通さずに海外に送金する場合でも、手数料がおよそ¥5,000~ほどかかります。この費用には、海外送金手数料が含まれるほか、渡航先や学校選びの相談・アレンジ、学校・現地受入期間への申し込み手続きの代行、格安航空券の手配、海外旅行保険の手配、現地最新情報の提供や渡航前英会話レッスンなどのサポートが含まれていて、留学手続きを弊社だけで完了していただけます。

  • イギリスへ行く場合ロンドンは物価が高い?
  • 都会より田舎のほうが物価は安く、生活費については若干抑えられます。ただ語学学校の選択肢が少なくなり、ロンドンのように格安の学校はあまりない場合が多いです。そのため、トータルでは変わらないか高くなる場合もあります。

  • 自分で学校を手配した場合と費用は変わるの?
  • 当社では学校の公示する料金を、お申し込みされた日の三菱東京UFJ銀行TTSレートで日本円に換算してご請求しています。レートの上乗せや、独自のレートの採用等はしていないので学校公示料金と変わりません。

  • 語学力を上げたいから、日本人の少ないところに行きたいのだけど
  • 例えばロンドン近郊だけでも語学学校は200校以上あります。その中でたくさんの手配会社で紹介されていて、条件のいい学校は人気もありますし、やはり日本人が多くなりますね。当社では日本人留学生の少ない学校を紹介することも可能です。

  • ホームステイ先との相性が合わなかったら変更できる?
  • 例えば、食事つきのはずなのに用意されないとか、個室のはずなのにほかの人と相部屋だったなど、明らかに相手に非がある場合には、すぐに無料で変更手続きをさせていただきます。なんとなく相性が合わないというような場合は、具体的な状況にもよるので一概にいえませんが、ホームステイ手配料金をお支払いただければ、新たなステイ先を手配させていただくことも可能です。

  • ホームステイ先はどうやって選んでいるの?
  • 例えば、ロンドンに留学される場合は、現地に弊社提携のサポートオフィスがありますので、日本人スタッフの目で厳選した質の高いステイ先をご紹介しています。立地や家族構成、趣味などできる限り希望に沿って手配します。

  • アルバイトはできるの?お給料は?どうやって探すの?どんな仕事があるの?
  • イギリスでは学生ビザをもっている留学生は、週20時間までのアルバイトができます。最低賃金は現在の日本円に換算して1,200円ぐらいです。アルバイト情報はフリーペーパーやWEBサイト、掲示板などで探せます。やはり多いのは日本食レストランなどの飲食店などですね。一定以上の英語ができなければ英語を使った仕事はまず難しいです。他にはハウスクリーニングなど、お小遣いを稼ぐためと割り切って探すなら、比較的みつけやすいと思います。

潜入して思ったこと

英語を勉強するなら、やっぱりイギリスかな?ぼんやりとしか考えていなかった私に、「留学して何がやりたいのか?」「 なぜイギリスなのか?」ということについて 担当カウンセラーさんは親身になって話を聞きてくれ、動機や目的を明確にすることの大切さを教えてくれた。


関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved