留学TOP » 世界を変えるNPO・NGOガイド » 掲載NPO・NGOリスト » 飛んでけ!車いす

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

世界を変えるNPO・NGOガイド

世界を変えるNPO・NGOガイドに掲載していたNPO・NGO。
あの国でこれがやりたい!では、よりよい世界をめざして活動するNPO・NGOをご紹介していきます。

Singing Angel Project

恵まれない子どもたちに教育の機会と将来の夢をアジアで支援活動を続ける『国境なき子どもたち』

世界にはいまだ“ストリートチルドレン”と呼ばれる路上で生活する子どもたちが存在する。Singing Angel Project(以下S.A.P.)は、そんな不遇な生活を送るフィリピンの子どもたちの救済施設「カンルンガン・サ・エルマ」を支援するために発足したNPOである。主に5〜15歳の少年少女のストリートチルドレンをはじめ、虐待や売春、孤児など社会的問題を抱えた子どもを施設で保護し、音楽を通して心のケアをはかり、更生へ導く手助けをしている。

国や言葉が違っても“音楽=心の癒やし”は世界共通

「S.A.P.」は、岡山在住の長島洋医師が1989年にフィリピンを訪れた際、子どもたちの救済施設を立ち上げようとしていたソル・M・バルベロ氏と知り合い、個人的な協力を申し出たのがはじまり。その後何度もフィリピンを訪れ、子どもたちの歌を聞き感動。音楽は国や言葉が違っても心に響く共通言語だと実感し、これをきっかけに歌という表現方法を使ったボランティア「S.A.P.」へと広がっていく。

主な活動は「S.A.P.」に賛同したアーティストが中心となった音楽フェスティバルの開催である。収益は全額寄付され施設の運営にあてられる。またこの催しは現地の子どもを日本に招待し、日本の子どもたちと一緒に歌やダンスの体験をしてもらい、歌うことの楽しさや絆を深める国際交流の場にもなっている。

そのほか、楽曲を提供してもらいCDを作ったり、子どものための音楽スクールを作ったり、スタディツアーを企画しストリートチルドレンの現状を知ってもらうなど、活動の幅を積極的に広げている。CDの売上げの1割が寄付されるというシステムは、ネット世代の私たちにはうれしい手軽なボランティアだろう。


岡山で行われた「Singing Angel Festival」のようす。マニラと日本の子どもが同じ歌を歌い交流を深める


ストリートチルドレンだった少年たち。路上生活中には暴力を振るわれたり、麻薬に手を染めたりする子どもも多い


救済施設「カンルンガン・サ・エルマ」にて。ここでは、読み書きなどの勉強のほかに、食事や健康面の支援もする

写真提供:Singing Angel Project

世界を変えるNPO・NGOガイドTOPへ

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved