留学TOP » 世界を変えるNPO・NGOガイド » 掲載NPO・NGOリスト » ナマケモノ倶楽部

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

クリック募金で応援!世界を変えるNPO・NGOガイド

クリック募金で応援!世界を変えるNPO・NGOガイドに掲載していたNPO・NGO。
あの国でこれがやりたい!では、よりよい世界をめざして活動するNPO・NGOをご紹介していきます。

ナマケモノ倶楽部

自然にも人にもやさしい暮らし 今こそ、みんなでナマケモノになろう!

今年で10周年を迎えるNGO団体『ナマケモノ倶楽部』。その名前は一度聞いたら忘れないだろう。活動の由来はこの動物の生き方にある。ナマケモノは爪を枝にかけ、ぶら下がったまま食べたり寝たり、エネルギーを使わないで過ごす(省エネ)。生活をしている木の根で用を足し(リサイクル)、仲間同士の争いはなく子どもが自立する際には自分の木の一部を譲り渡す(平和)。ナマケモノ倶楽部の根底は自然と共生し「無駄な消費をナマケる」という、この動物の生態にならった考え方によるものだ。

『ナマケモノ倶楽部』と、3つのコンセプト

ナマケモノ倶楽部の活動が、NGOのなかでもユニークな点は、「環境運動+文化運動+エコビジネス=3本のコンセプト」で成り立っていることだろう。

まず、環境運動の要として取り組んでいるのが南米エクアドルの森林農法だ。その方法は木を伐採せず、すき間を利用して、苗を植え耕す方法で、無駄がなく地球にもやさしい。

また文化運動では、フェアトレード(公正な貿易による)商品を販売したりオーガニックにこだわった食事を提供する「カフェスロー」を運営している。

そして、最近広がりを見せているのが、エコビジネスの分野だ。環境を経済面からも変えようと、さまざまなスローライフの形を提唱。エクアドルの自然素材で作る地域通貨「ナマケ」の流通やフェアトレードによるコーヒー栽培などスロービジネスを企画し、実践している。

エクアドルでボランティア留学!?「スローツアー」を開催

3つのコンセプトを、バランス良く兼ね備えた活動に、「スローツアー」がある。農園で栽培を手伝ったり、英語や日本語を教えたり、自分のできることをするボランティア留学だ。現地の人と触れ合う中で、コミュニケーションが生まれれば、スペイン語(エクアドルの公用語)を教わるチャンスもある。学ぶ気持ちがあれば、何かを見つけられる貴重な体験になることは間違いない。

ポジティブな気持ちでナマケる「ズーニー運動」

その他、日常の中ではじめられる意識改革として「ズーニー運動」がある。ズーニーとは「〜せずに〜する」。否定の先へ進み出ることを示している。例えば、缶コーヒーを買わずに(ズーニー)水筒にコーヒーを入れて持ち歩くとか駅までの道のりは車に乗らずに(ズーニー)歩いてみるなど。何かを怠けて何かを実践することが考え方の基本となっている。

誰かを助けるというような大きな決心ではなく、小さな心がけが大きなムーブメントを起こす『ナマケモノ的生き方』に共感を覚える人も多いはず。まずは、できることからナマケてみよう!


ナマケモノ倶楽部が支援している「リオ・ムチャーチョ環境学校」の子どもたち


スローツアーの開催地エクアドルにて。広大な農園で農作業のお手伝い


東京・国分寺にある「カフェスロー」。手書きの黒板には、日替わりのオーガニックメニューが並ぶ

写真提供:ナマケモノ倶楽部(上2点)

世界を変えるNPO・NGOガイドTOPへ