留学TOP » おもしろコンテンツ一覧 » 20代&30代の留学事情 » アンケート結果発表

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

仕事・お金・恋愛のコト、みんなどうしてるの? 20代&30代の留学事情

留学をしたいとは思うものの、留学後、仕事をみつけられるか不安66.5%〔グラフC〕、英語力には自信なし53.5%〔グラフD〕、貯金は100万円未満43.5%〔グラフA〕……。

アンケート結果をみてもわかるとおり、20代、30代の人が留学を決意するためには、多くの悩みを伴う。「半年や1年間、留学する」ということは、これまで築いてきた自分の環境を一度切り離すということ。一生ものとして今の仕事を続けるか、結婚をどうするかなど、人生の岐路となる重要な決断を迫られる世代だけに、例え半年や1年でも、大きな決意が必要になる。長く働き、ようやく一人前に仕事をこなせるようになった職場を離れる、コツコツためてきたお金を使い果たす、結婚を考えている相手と遠距離恋愛になってしまう……という人もいるだろう。では、なぜ彼らはそのような悩みを持ちながらも留学を決意したのだろうか。

「留学を決意したとき」についてのアンケート結果[グラフF]を見ると、その答えがみえてくる。「仕事や恋愛も含めて、今の状況を変えたくて留学を決意した」人が全体の74%もいるのだ。そのうち仕事に関することは32%、恋愛に関することが7%。つまり、あえて今までの生活を変えるため、リセットするために、留学を決意したといえる。

彼らと同じように今の状況を変えたいから留学したいと思っていても、前述のような不安や悩みがあるために、留学に踏み切れないという人も多くいるだろう。そんな人たちと留学を決めた人とを分けるのは、ただ1点。不安や悩みがあっても行くという覚悟を決めたか、決めてないかという点だけなのだ。

アンケート結果発表
A.「貯金はいくらある?」

3か月間の語学研修費用の目安100万円未満が、全体の約4割とやや多め。
つまり、留学を決めてお金をため始めた人が多いということ。

A.「貯金はいくらある?」
B.「留学を仕事に生かしたい?」

87%の人が「留学を仕事に生かしたい」という結果に。
お金も時間もかかるだけに、真剣な留学を目指す人が多いようだ。

B.「留学を仕事に生かしたい?」
C.「帰国後の再就職は不安?」

半数以上の人が留学から帰った後、仕事が見つかるか不安を抱いている。
不安なのは皆、同じ。だからこそ、留学への真剣度が増すのだ。

C.「帰国後の再就職は不安?」
D.「英語力はどのくらい?」

留学に関する不安で上位にあがるのが「語学力」の不安。
でも、グラフからも分かるように、最初はみんな話せないもの!

D.「英語力はどのくらい?」
E.「恋人はいる?」

留学を決意したときに恋人(配偶者)がいる人は全体の半数。

E.「恋人はいる?」
F.「いつ留学を決意した?」

半数の人が、仕事・お金・恋愛に関することがきっかけで、留学を決意している。

F.「いつ留学を決意した?」

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved