留学TOP » おもしろコンテンツ一覧 » 20代&30代の留学事情 » 先輩留学生の体験談 CASE02

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド ハワイ フィリピン イタリア マルタ フランス スペイン ドイツ アイルランド 各国一覧へ

損保ジャパン

NEO MONEY

海外旅行保険tabiho(タビホ)

海外でも普通にスマホ

仕事・お金・恋愛のコト、みんなどうしてるの? 20代&30代の留学事情
先輩留学生の体験談
CASE02 in Los Angeles(U.S.A.)

Text/Yukari Travis
Photo/Sachi Kato

留学先の学校で出会った彼と国際結婚
恋愛

●留学を決めた時、恋人は?
いた。

●恋人は留学に反対した?
留学については、出会ったときからわかっていたので、相手は受け入れていた。

●留学中はどうしたの?
初めは電話やメールで頻繁に連絡を取っていたが、だんだん話がすれ違うように。
そのまま、しばらくして別れてしまった。

●国際結婚はどう思う?
留学する前は「大変そう。心が通じ合うのかしら?」なんて思っていた。
まさか自分が国際結婚するとは、考えていなかった。

お金

●費用はどうやってためた?
4年間かけて400万円ためた。

●お金の面での不安は?
滞在地を変更したため、ロスの家賃の高さにびっくり!資金が足りず、親に追加を仕送りしてもらった。

仕事

●留学前の仕事は?
貿易会社で貿易事務の仕事を4年間していた。

●留学後の再就職は不安?
職種を変えたかったので不安だった。
でも、どうにかなるだろうと思っていた。

留学先で出会った彼と国際結婚 一緒に起業し、幸せ度満点!

フォークデザインズ
肩を並べてお仕事。「フォークデザインズ」ではTシャツなどのネット販売のほか、企業からの印刷物のグラフィックデザインなどを受託している。デザインはすべてコンピュータを使って行う

妙子・フォークさんが住んでいるのは、ロサンゼルスのダウンタウンから車で約30分の静かなコンドミニアム。中庭から階段を登っていくと、おなかがぷっくりと膨らんだ妙子さんがテラスで出迎えてくれた。彼女の後ろには優しそうな長身のダンナ様。ふたりそろってデザイナーであるフォークさん夫妻は、今年で結婚4年目。6月に生まれてくる初めての赤ちゃんのために、この広々とした2LDKについ最近引っ越してきたばかりだ。

今ではすっかりロサンゼルスに根を下ろした妙子さんだが、留学当時は2年で帰国・再就職する予定だったという。もちろん国際結婚するつもりなどはまったくなかったそうだ。

妙子さんが具体的に留学を考え始めたのは24才の時。短大卒業後、貿易会社に働いていたが「将来につながる可能性がない」と感じていた。以前から興味があったアート系の仕事をしたいという思いが強まり、英語とデザインを同時に学べるアメリカ留学を決意。ところが日本を出ると決めた妙子さんに、ボーイフレンドができてしまう。

「帰ってくるまで待っていてくれるとは思わなかったけど、気持ちがぐらつくことはありませんでした。帰国時に私は27才。まだ若い、平気だと思いました」

それよりも不安だったのは、日本での再就職のことだったという。

「帰ってきたら仕事あるのかなぁって不安でしたね。でも、何とかなるだろうとも思ってました」

不安を乗り越え成田を飛び立った時、妙子さんは25才。当初は頻繁にメールや電話のやり取りをしていた日本の彼氏とはだんだん話が合わなくなり、数か月後に連絡が途絶えてしまったという。

2年後、妙子さんは予定通りコミュニティカレッジのグラフィックデザイン科を卒業。プラクティカルトレーニング制度を利用して、1年間の予定でデザイナーとして働き始めた。そんな時に現れたのが現在の夫、ケビンさんだ。

リビングルーム
広々としたリビングルーム。ここで車が大好きなケビンさんと一緒にカーレースを見ることも
キッチン
キッチンにて。食事は二人で一緒に作ることが多い

「彼とは同級生でしたが、在学中は付き合っていませんでした。卒業する時に就職用のポートフォリオを見てもらったのがきっかけで、デートするようになったんです」

ケビンさんは優秀な学生で、妙子さんにとっては見上げるような存在だった。裏表のない、純真な性格にも強くひかれた。卒業から約1年後、ふたりはめでたくゴールイン。現在、ケビンさんはレーシングスーツ、妙子さんはTシャツのデザイナーとして勤務しつつ、自分たちの会社「フォークデザインズ」の仕事もこなす、多忙な毎日を送っている。

キャリアチェンジと結婚という2つのハードルを20代後半からの留学で見事にクリアした妙子さんだが、まだまだ自分に満足しているわけではない。

「今はゴール半ば。これから子どもを育て上げ、自分のビジネスで自立する。この2つができたら、ゴール達成です!」

Profile
妙子Falk(フォーク)さん(32歳)
出発時25歳。「デザインの仕事がしたい」と、25才で貿易会社を辞めて留学。カンザスで1学期間勉強した後、ロサンゼルスのコミュニティカレッジに転校し、グラフィックデザインを専攻。現在はグラフィックデザイナーとして活躍中。卒業後、カレッジで同級生だったアメリカ人男性と国際結婚し、この夏には第一子誕生予定。出産後は外での勤めを辞め、夫婦で経営するデザイン会社「フォークデザインズ」(http://www.falkdesigns.com/)を中心に活動していく予定。
妙子Falk(フォーク)さん
関連リンク

アメリカ留学から探す
インターンシップ留学から探す

関連サイト: Study in Newzealand | Study in Australia | Study in the Philippines | 高校留学.net | 大学留学.net

Copyright © Tomorrow Inc. All Rights Reserved