• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A » ワーキングホリデーの渡航国選びで迷ったときは?

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A

ワーキングホリデーの渡航国選びで迷ったときは?

[取材・文/川崎純子・豊田美喜]

「物価の安い国」「仕事が見つけやすい国」という選び方をする人もいますが、先に目的をはっきりさせることが大切です。たとえば、「サーフィンをしたい」「サッカーが見たい」といった目的が明確であれば、おのずと行きたい国が絞られてくるからです。

英語の語学習得を目的にしている人のなかには、「オーストラリアやニュージーランドは英語に訛りがあるから」と敬遠する向きもあります。しかし、「ビジネス英語を学びたいからカナダ」「クイーンズイングリッシュに憧れているからイギリス」といった目的もなく、語学力はあいさつや日常会話程度というのであれば、さほど気にする必要はありません。

逆に、これらの国は英語教育に関する制度が充実していて、語学学校のコースも豊富です。生活できる英語力を身につけるのを優先したほうがいいでしょう。

さらに、「現地の言葉をマスターしたいなら、日本人が少ない国やエリアを選ぶほうがいい」という説もありますが、それも本人次第。日本人同士の情報交換によって有意義に過ごせる場合もありますし、日本語が話せない環境が大きなストレスになるのであれば、無理をする必要はないでしょう。

また、英語圏の場合は北米のカナダ、オセアニアのオーストラリアとニュージーランド、ヨーロッパのイギリスとアイルランド、といったように環境が大きく異なりますので、気候や日本との時差、その国の文化への興味なども考慮に入れるといいでしょう。

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&Aの一覧を見る »

ワーキングホリデーホームへ »

最新情報の取得にはRSSまたはソーシャルメディア(TwitterFacebook)をご利用ください。


キャッシュパスポート
ワーキングホリデーって何?
もっと知りたいワーキングホリデーQ&A

人気の特集記事

自炊で節約!ニュージーランド編

旬の野菜や果物を活用して節約。アボカド&ツナ缶の丼は定番の「ワーホリ飯」

ワーキングホリデーで行ける!ヨーロッパの国(非英語圏)

ワーキングホリデーでヨーロッパへ!フランス・ドイツ・デンマークをご紹介

【ワーホリ】ウインテック留学センターのカウンセラーに聞いた!ワーホリ体験談イギリス編

学生時代から好きだったイギリスへ。現地の会社で日本の働き方との違いを実感。

【ワーホリ】ウインテック留学センターのカウンセラーに聞いた!手配会社を利用するメリットとは?編

現地で何かあったときに相談できる!留学カウンセラーは頼れる存在です。