• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A » 国によってワーキングホリデー制度は違うの?

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A

国によってワーキングホリデー制度は違うの?

[取材・文/川崎純子・豊田美喜]

特に違いに注意したいのは、「申請可能な年齢」「申請手続きの方法」「滞在できる期間」「学校に通える期間」「仕事ができる期間や条件」です。

まず年齢については、18歳から30歳が一般的ですが、アイルランドは25歳まで(条件次第で30歳までOK)。さらに、ドイツのように、「30歳」とうたいながら31歳の誕生日前日より前に申請すればよい国もあります。細部の違いに気をつけましょう。

滞在できる期間は、たいていは1年間ですが、台湾は、基本が180日で、現地で申請することでさらに180日間延長できます。

ちなみにオーストラリアにはセカンドワーキングホリデーという制度があり、3カ月以上ファームワークなどの季節労働をすると、滞在を1年延長できたり、2回目のワーキングホリデーが可能になります。ニュージーランドも、3カ月以上のファームワークなどで滞在を3カ月延長できます。少しでも長く滞在したい人は、この制度を上手に利用するといいでしょう。

学校に通える期間は、国によって大きく異なります。3〜6カ月程度の制限がある国と、制限なしの国があるので、国を選ぶ際にはどのくらい学校に通いたいのかも考慮して決めましましょう。なかには、もっと語学力を身につけたいからと、学生ビザに切り替える人もいます。語学をしっかりと学びたいなら、ワーホリよりも学生ビザのほうがいいでしょう。年齢さえ問題なければ、ワーホリはその後でも挑戦できます。ワーホリは、働いたり研修したりすることも可能な自由度の高いビザです。一部の国を除いて一生に一度しか取れないのですから、自分のやりたいことは何なのか、よく考えて有効に活用しましょう。

就労期間については、厳しい国もあれば、制限なしの国、「同一雇用主の下では3カ月まで」という程度の国もあります。

各国の大使館のホームページなどを見て、掲載されている条件をよく調べましょう。

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&Aの一覧を見る »

ワーキングホリデーホームへ »

最新情報の取得にはRSSまたはソーシャルメディア(TwitterFacebook)をご利用ください。