• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A » 現地の言葉ができないとワーキングホリデーで滞在は無理?

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A

現地の言葉ができないとワーキングホリデーで滞在は無理?

[取材・文/川崎純子・豊田美喜]

デンマーク大使館のウェブサイトには、「申請者はデンマーク語の知識がないという理由だけでワーキングホリデーが許可されないことはありません」と書かれているように、現地の言葉が話せなくても、行くことはできます。そして、生活、仕事、遊びなどを日本人社会の中だけで済ませようと思えば、たいていは可能です。

しかし、できる仕事の幅は確実に狭まるでしょう。デンマークやノルウェーのように日本人観光客の絶対数が少ない国では、さらに仕事が限定されてしまいます。

日本での準備期間になるべく語学を勉強しておき、渡航直後には、現地でも語学を学ぶといいでしょう。要は、「話せたほうがよいが、話せないからといってワーホリをあきらめる必要はない」ということです。

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&Aの一覧を見る »

ワーキングホリデーホームへ »

最新情報の取得にはRSSまたはソーシャルメディア(TwitterFacebook)をご利用ください。


キャッシュパスポート
ワーキングホリデーって何?
もっと知りたいワーキングホリデーQ&A

人気の特集記事

カナダの「お酒」事情

オンタリオワインの奇跡。美酒、アイスワイン

【ワーホリ】ウインテック留学センターのカウンセラーに聞いた!手配会社を利用するメリットとは?編

現地で何かあったときに相談できる!留学カウンセラーは頼れる存在です。

フランスの「ダイエット」事情

フランス人は美意識でやせる?

オーストラリアでマジワーホリのススメ

新聞社で働きながら、自分を見つめ、将来の道を切り拓いていきたい!