• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A » ワーキングホリデー中の滞在先はどうやって探すの?

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A

ワーキングホリデー中の滞在先はどうやって探すの?

[取材・文/川崎純子・豊田美喜]

渡航直後はまず語学学校に入学し、学校の寮に入ったりホームステイ先を紹介してもらい、通学している間に次の住まいを探すのが一般的です。到着直後に家探しをしなくていいように、日本を出発する前に申し込みをしておくといいでしょう。

学校を出た後は、滞在費を節約するために、多くの人がルームシェア、シェアハウスを利用しています。これらの物件情報は、語学学校の掲示板、インターネット、現地のフリーペーパー、口コミなどで得ることができます。ただし、シェアが盛んな国とそうでない国があります。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランドは、シェアが日常的に行われていますので、物件も豊富です。

一方、デンマークやノルウェーは仲介業者がいないうえ、あまりシェアが行われていなかったり、物件自体が少なかったりして、探すのはけっこう大変です。日本語の掲示板で見つかればよいのですが、大家と直接交渉しなくてはいけない場合もあるので、語学力はできるだけ身につけておきましょう。

民間の寮がある国は、それを利用するといいでしょう。またドイツと韓国は、学生向けの物件が多く、それほど探すのに苦労はしないようです。

農場、ホテル、ベビーシッターなどの仕事は、住み込みで働けるところもあります。その場合、たいてい食事も提供されるので、生活費を安く抑えることができます。

最近注目されているのが、「WWOOF(ウーフ)」というシステム。有機農場で労働力を提供する代わりに、農家に寝泊まりさせてもらえます。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツに加入農家があり、会員になればそこに滞在できます。

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&Aの一覧を見る »

ワーキングホリデーホームへ »

最新情報の取得にはRSSまたはソーシャルメディア(TwitterFacebook)をご利用ください。


キャッシュパスポート
ワーキングホリデーって何?
もっと知りたいワーキングホリデーQ&A

人気の特集記事

フランスの「デート」事情

ロマンチックなセーヌ河はパリっ子達のデートの定番

オーストラリアの「図書館」事情

植民地の歴史を伝える異空間は学生にも理想的な勉強スペース

カナダの「日本語情報」事情

日本人が多いバンクーバーは邦人向けの情報も充実!

オーストラリアの「日本語情報」事情

約7万の日本人が暮らすオーストラリア。邦字紙やポータルサイトも充実!