• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A » ワーキングホリデーでは現地でどんな仕事ができるの?

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A

ワーキングホリデーでは現地でどんな仕事ができるの?

[取材・文/川崎純子・豊田美喜]

多いのは、日本人観光客を相手にする仕事です。たとえば土産物店の店員、日本食レストランのウエーターやウエートレス、ツアーガイドやその補助など。スキーやスキューバダイビングの資格を持っている人は、日本人相手のインストラクターやツアーガイドの仕事もあります。

オーストラリア、ニュージーランドでは、第一次産業の労働力が不足気味であるため、「ファームワーク」という農場での仕事に就きやすく、収穫の季節は「フルーツピッキング」「フルーツパッキング」などの求人が多くなります。オーストラリアの場合、ファームワークでの就労経験によってワーホリ・ビザを2年間に延長したり、2回目のワーホリ・ビザを取得できるため、人気があります。

現地の言葉があまり話せなくても、ホテルのベッドメイキングやレストランの皿洗いなどの裏方仕事が得られることもあります。また、ユースホステルなどでは、「住み込みで食事も付く代わりに、無給(あるいはおこづかい程度)」というシステムもあります。いわゆる「エクスチェンジ」です。女性なら「オペア」と呼ばれる住み込みのベビーシッターもいいでしょう。

このほかに、日本語や、日本文化を教えるという仕事もありますが、現地の友人と互いに教え合うエクスチェンジだったり、ボランティアであることが多く、すべてのケースで現金収入があるわけではありません。

当然ですが、現地の言葉が話せれば、就ける仕事の種類は大幅に増えます。現地の語学学校に通うのはもちろんですが、出発前にできるだけ勉強しておきましょう。

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&Aの一覧を見る »

ワーキングホリデーホームへ »

最新情報の取得にはRSSまたはソーシャルメディア(TwitterFacebook)をご利用ください。


キャッシュパスポート
ワーキングホリデーって何?
もっと知りたいワーキングホリデーQ&A

人気の特集記事

イギリスの「スナック&ドリンク」事情

イギリスの2大スナックといえばクリスプスとビスケット!

オーストラリアの「図書館」事情

植民地の歴史を伝える異空間は学生にも理想的な勉強スペース

韓国の「デート」事情

恋愛真っ只中の二人に立ちはだかる「兵役」の壁

フランスの「カフェ」事情

続々リニューアルするフランスのカフェ

ニュージーランドの「日本語情報」事情

無料で利用できる情報が充実!日英2カ国語のラジオ番組も