• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A » ワーキングホリデー中の仕事はどうやって見つけるの?

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A

ワーキングホリデー中の仕事はどうやって見つけるの?

[取材・文/川崎純子・豊田美喜]

日本人向けの仕事であれば、日本語のネット掲示板、日系新聞や邦人向けフリーペーパーなどで求人情報を得ることができます。オーストラリアの『日豪プレス』、カナダの『バンクーバー新報』、ヨーロッパでは『ニュースダイジェスト』などが有名です。

もちろん、現地の人向けのサイトや新聞でも探せますが、その場合、情報をチェックするための語学力が必要ですし、仕事をするうえでもそれなりの語学力が求められます。

友人や知人の口コミや紹介で仕事を得られることもあるので、アンテナを張り巡らせたうえで、求職中だと周囲にアナウンスしておきましょう。ワーキングホリデー仲間が、自分の仕事の「後継者」を探していることも多いのです。

履歴書を持ち歩き、レストランやカフェなどに飛び込みで面接を受け、仕事を得る人もいます。国や職種、運にもよりますが、履歴書を配っても返事もくれないことがほとんどで、断られることのほうが多いのが現実です。そのたびに落ち込んだりせず、どうしてもやりたい仕事なら何度でも挑戦しましょう。履歴書を100枚くらい配ってやっと決まったという人もいますし、何度も足を運んで、やっとマネージャーが面接してくれたという人もいます。せっかくスタートさせた海外での生活。何よりも諦めないことが大切です。

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&Aの一覧を見る »

ワーキングホリデーホームへ »

最新情報の取得にはRSSまたはソーシャルメディア(TwitterFacebook)をご利用ください。


キャッシュパスポート
ワーキングホリデーって何?
もっと知りたいワーキングホリデーQ&A

人気の特集記事

カナダの「ダイエット」事情

カナダで大人気“Slim-Fast Optima”

【ワーホリ】ウインテック留学センターのカウンセラーに聞いた!ワーホリを成功させるには?編

1年いただけで英語力はつかない。目標を持って計画を立てることが大切!

カナダの「日本食」事情

地元にもすっかり定着したバンクーバー発の「日本の味」

カナダの「ファストフード」事情

カナダの象徴、ホッケーそしてコーヒーとドーナツ