• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A » お金はどうやって持って行けばいいの?

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&A

お金はどうやって持って行けばいいの?

[豊田美喜、福田直美、石川雅子]

ワーホリ生活には、まとまったお金が必要です。多額の現金を持っていくのはリスクが高いので、持参方法はメリット、デメリットをよく考えて検討しましょう。渡航前に国際キャッシュカードやクレジットカードを用意しておくのはもちろんですが、現地到着後に銀行口座を開けば、日本から送金してもらうこともできます。

現金

飲み物代や食事代、交通費などは、到着してすぐに必要になるので、日本の銀行や空港の両替所で、現地通貨に替えておくと便利です。海外ではつり銭が十分に用意されていない店が多く、大きな通貨は嫌がられることが多いので、両替時に小銭も含めてもらうといいでしょう。
現金はどこでも使えて便利ですが、紛失・盗難の恐れがあるので、多額の現金は持ち歩かないようにしたり、複数の財布に分散したりして、気を付けることが大切です。

トラベラーズチェック

持ち主本人のサインがないと使用できない旅行用小切手で、銀行や郵便局などで購入できます。換金時に受取人の前でサインをして使用します。パスポートの提示を求められることもあります。
現金とは異なり、紛失・盗難時にも再発行可能で有効期限がないことがメリットですが、現金よりも為替レートが高く、購入時の発行手数料はもちろん、換金時にも手数料がかかる場合があります。また、使用する際、身分証明書の提示が必要で、換金所も限られていますので、事前によく調べておきましょう。

クレジットカード

VISAやアメックスなどであれば、ほとんどの国で使用可能です。各クレジットカード会社に申し込み、発行してもらいましょう。支払い能力などの審査が必要となるため、渡航の1ヵ月くらい前に申し込むことをおすすめします。
使用時にサインまたは暗証番号を入力して使用しますが、国や店によってはサインに対応しておらず、暗証番号のみの場合もあります。渡航国で普及しているカード会社や使い方を事前に確認しておきましょう。
現金を持ち歩かなくてすむので安心ですが、小さな商店はクレジットカードに対応していないところが多いので、どこでも使えるわけではありません。現金と組み合わせて使うようにしましょう。
いざというときは、クレジット機能のひとつで、海外のATMで現地通貨を引き出すことができるほか、現地のサービスデスクなどの付帯サービスを受けられるのも大きなメリットでしょう。注意すべき点は、盗難やスキミングなどに遭う可能性があること。持ち歩くときはスリに気を付け、信頼できる店で使用しましょう。

国際キャッシュカード

海外のATMで現地通貨を日本の口座から引き出すことができるキャッシュカードです。日本の口座に入金しておけば、海外送金をする必要がないので大変便利です。家族にも日本の口座に日本円で振り込んでもらうだけで、現地のATMで現地通貨を引き出せます。
デメリットとしては、利用ごとに手数料がかかることと、海外で引き出したときの為替レートが低いことがあげられます。申し込みは、国際キャッシュカードを取り扱っている銀行で手続きをしましょう。

海外送金

日本の金融機関から海外の銀行口座に送金するには、小切手や為替手形を郵送する方法と現地の銀行口座に直接振り込む方法があります。
メリットは、多額の資金を安全確実に送金できることです。また、現地の銀行口座を持っていなくても為替取り扱い機関で一時的に資金を保管してもらえます。そのため、語学学校の授業料の送金や、日本にいる家族に送金してもらうときに便利です。
ただし、送金と受け取りの際、送る側と受け取る側の両方で手数料がかかります。為替レートによっても金額が変わりますので、金額が多いときは送金や引き出しのタイミングに注意が必要です。また金融機関によって手数料や送金にかかる日数が異なりますので、利用する際は事前に調べておきましょう。

もっと知りたい!ワーキングホリデーQ&Aの一覧を見る »

ワーキングホリデーホームへ »

最新情報の取得にはRSSまたはソーシャルメディア(TwitterFacebook)をご利用ください。


キャッシュパスポート
ワーキングホリデーって何?
もっと知りたいワーキングホリデーQ&A

人気の特集記事

カナダの「スナック&ドリンク」事情

カナダブランドのポテチは本物志向の通好みな味

カナダの「ダイエット」事情

カナダで大人気“Slim-Fast Optima”

フランスの「ホットドリンク」事情

冬のカフェタイムの定番ショコラ・ショー

カナダの「ファストフード」事情

カナダの象徴、ホッケーそしてコーヒーとドーナツ

【ワーキングホリデー】自炊で節約!カナダ編

節約生活を実行するには、ランチも手作りが基本!