• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » ワーキングホリデー対象国 » アイルランド

アイルランド

ホスピタリティあふれる人々と豊かな自然が広がるアイルランド

美しい自然に独特のケルト文化を誇るアイルランド。
年間を通じて寒暖差が少なく芝の緑が鮮やかなため、エメラルドの島とも言われている。
陽気な国民性で、昼夜を問わず多くの人々がパブに集う賑やかな国だ。

政府が教育に力を入れており、語学学校を綿密にチェックしているので政府認定校では特に安心して留学できる。
また、留学生の国籍が偏らないよう配慮されている学校も多く、世界中から集まったさまざまな仲間と交流を深め、見識を広げることができるだろう。

伝統楽器やダンスを体験できるアクティビティも人気だ。

首都 ダブリン
公用語 アイルランド語、英語
通貨 ユーロ
人口 4,515,000人
総面積 70,282km²

ワーキングホリデーガイド

対象年齢 申請時に18才以上25才以下
(全日制の学校に在籍していたか、常勤で就労していた場合は30歳まで)
滞在可能期間 1年間
就学/就労可能期間 就学、就労ともに制限なし
ビザ申請料 無料(返信用切手代)
申請方法 大使館へ必要書類を郵送
申請時に必要なもの 申請書(アイルランド大使館のWebサイトよりダウンロード)
写真(6カ月以内に撮影したもの)
有効なパスポートのすべてのページのコピー(6カ月+滞在期間の有効期間が必要)
履歴書(英文)
最終学歴校の卒業証明書または成績証明書(英文)
本人名義の残高証明書の原本(英文、50万円以上)
返信用封筒(住所、氏名、80円切手添付)
その他 申請書は決まった申請期間内のみの受付となるので注意
情報収集 駐日アイルランド大使館

キャッシュパスポート
ワーキングホリデーって何?
もっと知りたいワーキングホリデーQ&A

人気の特集記事

フランスの「常備薬」事情

薬の消費量世界一のフランス。ファーマシーは街中に

自炊で節約!オーストラリア編

インスタント麺は節約生活の味方!安くて美味しい食材でサバイバル

【ワーホリ】ウインテック留学センターのカウンセラーに聞いた!ワーホリ体験談イギリス編

学生時代から好きだったイギリスへ。現地の会社で日本の働き方との違いを実感。

イギリスの「お仕事」事情

仕事探しはネットで。ボランティア体験もおすすめ

自炊で節約!ニュージーランド編

旬の野菜や果物を活用して節約。アボカド&ツナ缶の丼は定番の「ワーホリ飯」