• サイトの使い方
  • メルマガ登録

なりたい私になれる海外体験

ワーキングホリデー

ホーム » ワーキングホリデー対象国 » ドイツ

ドイツ

ドイツ語とドイツの伝統を学ぶ

ドイツイメージ

アメリカ合衆国、日本などに続き世界上位のGDPを誇る経済大国、ドイツ。

一極集中都市を持たず、各地方の都市によって魅力はさまざま。
宮殿やお城、大聖堂といった建造物(世界文化遺産に30もの登録がされている)から音楽や民族文化、テーマーパークまであり楽しみはつきない。

謙虚で勤勉な性格は日本人に少なからず似ていると言われることがある。
シンプルながら豊かな生活を送るドイツ人からドイツ語やマイスターの技術を学ぼう。

首都 ベルリン
公用語 ドイツ語
通貨 ユーロ
人口 82,167,000人
総面積 357,021km²

ワーキングホリデーガイド

対象年齢 18〜30歳
滞在可能期間 1年間
就学/就労可能期間 制限無し
ビザ申請料 無料(保険関係の手数料500円)
申請方法 ドイツ大使館、総領事館(在住都道府県により申請窓口が異なる。世界各地の大使館、総領事館でも申請可能)
申請時に必要なもの 申請書 写真1枚(横3.5cm、縦4.5cmで写真の顔の大きさ3.2cm〜3.6cm)
有効なパスポート
往復航空券又は予約確認書
預金残高証明書(最低2,000ユーロ相当)
滞在期間をカバーするドイツの健康保険に加入した保険料支払済みの証明書
その他 原則的にワーキングホリデービザ所持者は、外人局・住民登録局への届出は必要ないが、一カ所に3カ月以上滞在する場合、届出をする必要があるので注意
情報収集 ドイツ大使館

キャッシュパスポート
ワーキングホリデーって何?
もっと知りたいワーキングホリデーQ&A

人気の特集記事

フランスの「ホットドリンク」事情

冬のカフェタイムの定番ショコラ・ショー

オーストラリアでマジワーホリのススメ

新聞社で働きながら、自分を見つめ、将来の道を切り拓いていきたい!

オーストラリアの「スナック&ドリンク」事情

代表選手はチョコ菓子「ティムタム」。グルメな新フレーバーも続々登場

ワーキングホリデーで北欧へ行こう!ノルウェー編

ワーキングホリデー制度がスタートしたばかりのノルウェー

【ワーホリ】EFエデュケーション・ファーストのカウンセラーに聞いた!ワーホリを成功させるには?

目標を立てて、積極的に行動する。何にでもチャレンジできるのがワーホリの魅力